世界でもっとも冷たいヤクーチアのビーチ

 ロシアでもっとも寒い地域では、人は氷河の上に寝転ぶためにビーチにやってくる。

 1.暑いときに氷河を夢見ない都会っ子などいるだろうか?サハ共和国(ヤクーチア)に人々はヤクーツク(首都)から100メートルのところ位置する氷河、ブルースにやってくる。

 2.ブルースはヤクート語で「氷河」を意味する。ここは非常にユニークな場所である。地下水が流れ出していて淡水で形成される層状の氷のシート状の塊を見ることができる。夏でも氷河が融けることはない。

 3.「やはり暑い日に氷の上に数秒でも座っていられるのは最高」。あるツーリストはSNSにこう綴っている。

 4.夏はこの場所では本当に美しい景色が広がる。想像してみてほしい。30℃の気温(ヤクーチアの夏は短いが、暑い)の中、緑の草原、生い茂る松林に白い氷河が見える景色を。

 5.暑いときにはブルースの上の層が少し溶けて、そうすると氷河全体に曲がりくねったトンネルができる。

 6.ここには毎日大量のツーリストがやってきて、冬にはスケート、夏には自然の中でバーベキューを楽しむ。

 7.またブルースは写真撮影をするのに理想的な場所である。

 8.中にはかなりホットな写真を撮る人もいて、なぜ氷河がいまも融けずにいるのか分からないほどだ。

 9.氷上の温度はもっとも暑い日でも6℃以上にはならない。

 10.しかしヤクーツクの人々は寒さを恐れない。冬、地域ではマイナス70℃まで気温が下がることもある。そこで地元の人々の間では、冬の間は外にいるよりも、冷蔵庫の中に入った方が暖かいというジョークがあるほどだ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる