ロシアはいかにして永久凍土の上に都市を建設したか

Kommersant
 ヤクーツクはとても寒い。しかしこの街は、極寒ではなく、温暖と闘っている。

 ロシアの北東部分はほとんど全体が永久凍土の地域だ。厳しい気候条件にもかかわらず、ここにも街が建設され、人々が暮らしている

 ヤクーツクは世界でもっとも大きな永久凍土の上にある都市で、30万人以上の人が住んでいる。厳しい気候条件にもかかわらず、人口は年々増えており、都市も成長している。新しい居住区や、極北の色彩をもつ現代的な公共の空間が現れている。

 永久凍土の上に現代的な都市をいかに建築するのかということについて、ヤクーツクの建築家でロシア連邦職業的建築発展プログラムのメンバーでもあるセルゲイ・ペルミャコフさんが話してくれた。

大切なことは地中に潜り込まないこと!

 サハ共和国とはロシアでもっとも広く(国土全体の5分の1を占めている)、最も寒い地域だ。ここの気候は極めて大陸的だ。つまり、冬にはマイナス50度になっても誰ひとり驚くこともなく(ヤクートではマイナス60度になることもよくある)、一方、夏にはプラス30度になる。このような気温差のもとでいちばんも重要なことは――土壌の安定性を維持することだ。さもないと、建物や道路が文字通り、地面の下に沈み込むことになる。つまり、永久凍土を融かしてはならないということだ。

 「極北の地での第一のルールは、地中に何も埋めてはならないということです」と、セルゲイさんは言う。あらゆるケーブルや水道管、スチームのパイプラインなどは地上に通し、都市の風景の一部となる。「我々はそういうものをなんとかして建築的な観点から効果的に用いることができたらと思っています。例えば、補助照明を作るとか。でも今のところはまだ案にすぎません」とセルゲイさんは言った。

 さらに、ヤクーツクの建物はすべて杭の上に建てられている。建物の温度で永久凍土が融けないようにするためだ。ここには、極北最大の科学センター(北東連邦大学)や世界初の杭の上に建てられたスポーツコンプレックス(「大勝利」)、最北の有蓋サーカス「マンモスの子」がある。

ヤクーツクの色彩を帯びた明るい家々

 ヤクーツクは17世紀にコサックたちによって築かれ、街にはさまざまな時代の建築物が見られる。中心部には古い時代の商人たちの家や教会があり、ベッドタウンには――典型的なソ連時代の高層ビルがある、ただし、杭の上に載っているのだが。さらに今、ヤクーツクでは、北方の色彩を持つ新しい居住区がどんどん建設されている。例えば、マンモスの牙の形をした建物のプロジェクトもある。

 ロシアの他の北方地域の都市と同様に、家々は明るい色で塗られている――明るい色は、長いあいだ太陽を目にすることができないときに気が塞ぐのを助けてくれるし、極寒の霧の中でも方向を示す目印になると思われているからだ。

 中庭には、環境に配慮した素材、例えば、木材で作った新しい児童遊技場が作られている。

 新居住区では児童遊技場はだいたい、地面の上ではなく、建物の一階の屋根の上に作られている――冷たさで建材が脆くなり、そのために多くの建造物が冬を持ちこたえられることができないリスクがある。

マイナス50度での交通問題をどう解決するか

 「永久凍土のせいでヤクーツクでは地下駐車場の代わりに、家屋の一階に駐車場を作るんです」とセルゲイさんは言う。

 しかしそれでも冬場には、大部分の住人が、春になるまで車を庭に放置し、公共の交通機関を利用している。ここでは、乗客たちのために暖かい停留所が用意されている。ドアの閉まる暖房の効いた建物で、中には、テレビや電光掲示の時刻表、携帯電話充電用のコンセント、Wi-Fiもある。

 とはいえ、それでも車に乗る必要があるなら、こうするのだ:秋に車のエンジンを入れ、春になったらエンジンを切る。このあいだずっと、車の中にキーを差したままで信号機のところに置いておくのだ。泥棒を怖がることはない。「マイナス50度で誰が泥棒なんかしますか?そんな寒さじゃ外に人なんかほとんどいませんよ」とセルゲイさんは言った。

ヤクーツクの埃対策

 この街の夏の大問題は埃だ。ヤクーツクは空気がとても乾燥していて、舗装されていない道路が多い上に緑が少ない。埃との闘いに関する市当局の計画まである――道路をアスファルトで舗装し、道路と建物の間の空間は緑の部分を作るか、砂利か埃のたたない素材を敷き詰めるというものだ。しかし、気候のせいもあって、ここには緑が根づかない。そのため、今ある樹木を維持するということに尽力している。「ヤクーツクでは木を伐ることは禁止されています。道路を作るときには、木々は迂回するようにしています」とセルゲイさんは話してくれた。

 ヤクーツクは10年後どんなふうになっているのだろう? 「建築家たちは現代的な都市を見たいと思っています。ですから、私たちの課題は気候の特性を考慮した公共の空間を創出することなんです」とセルゲイさんは言う。この街には多くの天然湖があり、それらは人々を引きつける軸となっている。ここには、新しい公園や休息の場が拡げられている。

 もうひとつの公共の空間「ヤクーツクの門」は、空港のそばに姿を見せるはずだ。これは、シベリアの要塞を実物大にデザインした模型となる予定だ――それは、極寒を恐れずにヤクートを訪れるすべての客人を迎えてくれるだろう。

もっと読む:
ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる