W杯のファンIDで無料で行ける場所

Konstantin Kokoshkin/Global Look Press
 ワールドカップ開催期間中、試合が行われる11の都市では多くの文化イベントが目白押し。そしてファンIDがあれば、無料または割引価格で多くの場所を訪れることができる。モスクワでお得に入ることができるいくつかの場所をご紹介しよう。

 ワールドカップの観戦のためにモスクワを訪れていて、ロシア滞在を存分に満喫しようと思っているあなた。もし幸運にもファンIDを持っているなら、無料または割引価格でロシアの歴史と文化に浸ることができる。IDを持っていれば博物館や美術館に入れるだけでなく、ホストとなっている11都市の公共交通機関に無料で乗れたりもする。さらに詳しい情報を以下にご紹介しよう。

トレチャコフ美術館の新館(無料)

トレチャコフ美術館の新館

 クルィムスキー・ヴァルにあるトレチャコフ美術館の新館は、有名なトレチャコフ美術館の別館で、20世紀のロシアの芸術が展示されている場所である。常設のコレクションの数は18万点以上にのぼり、その内容は素晴らしいロシアのアーティストらの大規模な回顧作品から、より実験的な展示までと幅広い。IDを持っていれば、7月25日まで、無料で入館できる。

 

モスクワ現代美術館ガレージ(1枚分の値段で2枚買える)

モスクワ現代美術館ガレージ

 ゴーリキーパークにあるモスクワ現代美術館ガレージも訪れる価値がある。6月12日から7月25日にかけて、ワールドカップのチケットを持っていれば1枚分のチケット料金(500ルーブル=およそ865円)で2枚のチケットが買え、またファンIDの提示でガイド付きツアーが15%割引になる。

 ロシアの画家だけでなく、世界的に知られる外国の画家たちの作品も展示されているこのオシャレな場所に足を運ぶチャンスをお見逃しなく。この夏、ガレージではワールドカップの開催を記念して企画されたドイツの写真家ユルゲン・テラーの展覧会とまったくユニークな形で音を発見する展覧会「Infinite Ear」が開かれる。

国立歴史博物館(3割引)

国立歴史博物館

 午後に空き時間がある。そんなときには国立歴史博物館の莫大なコレクションを見ながらロシア横断の旅に出るのはいかが?ワールドカップ開催中、サポーターたちは3割引でこの博物館を訪れることができる。またこのチケットを買えば、聖ワシリー寺院、1812年祖国戦争博物館、ロマノフの家博物館へも入場できる。さらに多言語でのガイド付きツアーにも無料で参加することができる。

 

無料で入れる博物館、ガイド付きツアー、公園

ザリャージエ公園

 サッカーファンを対象にした特別割引の他に、モスクワのいくつかの博物館や美術館は毎月、無料解放の日が設けられている。たとえば、宇宙飛行士記念博物館、ダーウィン博物館、ゴーゴリの家博物館、強制収容所博物館、モスクワ現代美術館は毎月、第3日曜日に無料開放している。

 またロシアイコン(聖像画)美術館、ブルガーコフの家博物館、地下鉄ヴィスタヴォチナヤ駅にあるモスクワ地下鉄の展示、モスクワ現代美術センター「ヴィンザヴォード」、チャイコフスキー記念モスクワ国立音楽院も無料で訪れることができる。

 無料のガイド付き歩くツアーも数多くある。モスクワフリーツアーモスクワグリーターなどが、モスクワ中心部を散策するツアーを毎日無料で実施している。これらのガイドは情報満載であるだけでなく、モスクワに着いたばかりで街の地理に親しみたいという人には最適である。さらにサッカーファン向けの徒歩ツアーやバスツアーも多数用意されており、トリウムファーリナヤ広場、アルバート通(地下鉄スモレンスカヤ駅付近)、ニコリスカヤ通りの始点、ザリャージエ公園のガラスの家のそばに設置されたサッカーボール型の特設ブースで予約することができる。

 あるいはゴーリキーパークやソコーリニキ、ツァリツィノ、VDNKhなどモスクワ市内の緑溢れる場所をただぶらぶらするのも悪くない。これらの公園では、1年中、大道芸やスポーツイベント、さまざまなフェスティヴァルが催されており、活気に満ちている。ワールドカップ開催中はいつもよりさらに楽しめること請け合いだ。

 またゴーリキーパークやムゼオン芸術公園(トレチャコフ美術館新館のすぐ横)、ザリャージエ公園のカフェやレストランではワールドカップ開催中は10%割引で食事ができるので、チェックしてみてはいかが?

*その他の開催都市(サンクトペテルブルクからサランスクまで)については、ロシア・ビヨンドのガイドで、ワールドカップに合わせて行われる見逃せない文化イベントをチェックするのをお忘れなく

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる