ロシアの航空会社S7航空がノヴォシビルスク-東京便を開設する見通し

グレブ・オソーキン
 ロシアの航空会社S7航空が今年6月にノヴォシビルスク-東京の定期便を開設する。

 ノヴォシビルスクのトルマチョヴォ空港の総務部長エヴゲーニー・ヤンキレヴィチ氏が月曜日に記者団に伝えた。タス通信によれば、長距離路線旅客機エアバスA320neoの改良型機がこの航空路での輸送を行う見通しだ。

 トルマチョヴォ空港はロシアのウラル以東では最大級のハブ空港だ。ノヴォシビルスクは学問と経済の面でシベリア最大の中心地である。人口においてはモスクワとサンクトペテルブルグに次いでロシア第三の都市で、160万人以上が暮らしている。1990年からは札幌市と姉妹都市として提携している。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる