サンクトペテルブルクの怖~い話5つ

 ロマノフ家がひいきしていたラスプーチンに会える場所、エジプトのスフィンクスを邪魔しちゃいけない話などを、ロシア・ビヨンドが特集する。

ゴロホヴァヤ通りのラスプーチンの幽霊

 グリゴリー・ラスプーチンは、ロシア史において最も謎めいた人物、禍々しい人物の一人である。ロシアの修道院をめぐった後、賢い老人、治癒者、予言者だと評判になった。皇帝とその家族はラスプーチンを無条件に信頼するようになり、皇室で非常に高い地位を得ることができた。

 ラスプーチンは1914年、ペテルブルクの一等地ゴロホヴァヤ通り64に暮らし始めた。健康になりたい、将来を占ってもらいたいと、民衆、貴族がこの家に押し寄せた。当時、この状況を目撃していた人らによれば、ラスプーチンには本当に未来を見る力があり、流血の革命とロシアの君主制の終焉を予言したという。

 1916年にラスプーチンは殺害されたが、殺害を企てた者らは、これがどれほど困難なものになるのか、想像できなかった。最初に毒を盛り、次に銃撃し、最後に凍結した小ネフカ川に放り込んだ。検視により、毒殺されたわけでも、銃殺されたわけでもなく、溺死していたことが明らかになった。遺体はツァールスコエ・セローに埋葬された。1917年、暫定政府は、遺体の処分を決定。一説によれば、棺を運ぶ車は途中で壊れたため、ラスプーチンを埋葬せずに、工科大学のボイラー室で焼却したという。以来、霊魂は安らぐことができず、ゴロホヴァヤ通り64の家の廊下には毎晩幽霊があらわれるようになった。この幽霊は悪いことを引き起こすわけではなく、家の秩序を維持しているという。

 

大学河岸通りのスフィンクス

 教会史家アンドレイ・ムラヴィヨフは1832年、世界各地の聖地を旅した。エジプトのアレクサンドリアを訪問した時、一対のスフィンクスに目を奪われた。ファラオ、アメンホテプ3世(紀元前14世紀)のためにテーベの神殿を飾る目的でつくられたものであった。ムラヴィヨフはロシア大使に手紙を書き、スフィンクスを購入するよう要請した。手紙は大使から皇帝ニコライ1世に届けられ、次に芸術アカデミーに渡された。

 芸術アカデミーが購入に同意し時、スフィンクスはすでにフランスに売却されていた。だがフランス革命が始まり、スフィンクスは大学河岸通りに設置されることとなった。エジプト人はずっと、スフィンクスがあの世の守護者、威嚇する生き物だと考えてきた。そのため、スフィンクスの邪魔をすることは危険で、故国から運び出すことはさらに危険だと仮定されている。

 今日、スフィンクスに近づいたり、触ったりすると、アメンホテプ3世の顔をした怒ったスフィンクスがその人の精神をおかしくしてしまうという伝説が、サンクトペテルブルク全域に広まっている。日中、スフィンクスの表情が変わっていると言う人もいる。午前中は穏やかで落ち着き、夕暮れになると怒り、悪意に満ちているという。

 

マルタ騎士団と陶器の人形を持つ少女

 スモレンスコエ墓地はサンクトペテルブルクで最も古い墓地の一つ。ここの幽霊はほぼ無害だと言われている。

 19世紀末、地元の住人ニコライ・ヴェルビンは、日記にあるできごとを書いた。秋の曇った日にスモレンスコエ墓地を歩いていると、突如、長衣を着たマルタ騎士団の男があらわれた。ヴェルビンは敬意の印として、見知らぬ男に会釈をしたが、まばたきをすると、男は一瞬にして消えた。そして道に陶器の人形を手に持って歩く少女が見えた。少女の後を歩くと、少女は姿を消し、その場を見ると、陶器の人形の置いてある墓があった。

 今日、サンクトペテルブルクの住人の多くが、スモレンスコエ墓地の噂をささやく。難しい決断をしなければならない時、この墓地を散歩すると、埋葬されている教授や学者の幽霊が助言してくれるという。

 

ネヴァ川底の巨石

 1875年まで、サンクトペテルブルクの中心にあるリチェイヌイ橋は浮き橋だったが、その後、橋を固定することが決まった。ただ、困難な点が2つあった。橋の真下をネヴァ川の水深の最も深い24㍍の部分が流れていたし、橋の基礎には柔らかすぎる川底であった。技師らは、作業スペースから水を汲み出すケーソン(建設作業用の特別な防水構造)を使用。

 橋の基礎を築く準備している場所に、巨大な岩を積んだ沈没船を発見した。ケーソンを川底に沈めた時、ケーソンは岩にぶつかり、1ヶ月後にはケーソン全体が浸水した。一ヶ月後の1876年9月、半液体の土壌が大量に別のケーソンに流れ込み、5人が死亡した。一年後、ケーソンの一つが爆発し、9人が即死、土壌の層の下で20人が溺死した。1979年、橋は完工したものの、悪い噂が流れていた。地元の人は、ネヴァ川の底にある岩の邪魔をすると、人の犠牲を伴う魔法の性質があると考えていた。

 

黒魔術を使った修道士

 サンクトペテルブルクには多くの有名な墓地があり、さらに多くの話、伝説がある。1970年代、修道士プロコピイがニコリスコエ墓地の近くに住んでいたという。魔法を実践し、黒魔術を使っていた。ある日、悪魔が修道士プロコピイの前にあらわれ、不死の代わりに魂をくれと言った。修道士プロコピイは合意の条件を満たすため、イースターの夜、若いふしだらな女の子を墓地に誘った。そして女の子を十字架に結びつけ、目をえぐり取り、舌を切って、教会の杯を血で満たした。次に神を666回呪い、夜明け前に血の杯を飲み干さねばならなかったが、時間に間に合わず、日がのぼって太陽の光が差した時、地面に倒れ、死んだ。  男の右足はネコになり、以来、墓地を訪れる人は、下あごに灰色の毛の生えている大きなクロネコを見るようになった。

もっと読む: