秋の休暇をロシアで過ごす

 ロシアでは「夏の切なさ」を感じている暇などない。秋への季節の移り変わりがもたらす美しさは、全国各地でエキサイティングで忘れられない旅の到来を告げる。ロシアで最高の秋の旅をご紹介しよう。ご紹介するスラヴァ・シロコフは、ロシア人の旅行愛好家で、プレミアムのロシア・パッケージツアーを専門に扱う旅行先管理会社、Travel All RussiaのCEO。

 夏と同様に、初秋はロシアの美しさを発見するのに最適な季節だ。そこで、この世界で最も大きい国が秘める多様性を経験するという夢をまだ実現したことがないなら、この秋の好機を逃すわけにはいかない。

 

極東

 アルベール・カミュが言ったように、「秋は1枚1枚の葉が花になる2番目の春である」。ウラジオストクのような都市の場合、気候は数か月前に変化し始める。つまり、9月と10月は秋でありながらも夏の面影を残しているので、日光浴をしたり、泳いだり、ビーチでリラックスするのに最適の時期であることがよくあるのだ。また、秋の丘陵の色合いと青くきらめく海が見事な色彩の融合を生み、この地域の魅力をさらに高める。   

 

シベリア

セルゲイ・ファデイチェフ撮影/タス通信

 シベリアの秋が描く豊富な色彩は、この地域を美しい色合いで染める。それはまるで、その時期が来るのを1年中待っていたかのようだ。これは、この地域に多数ある、伝統的なロシアの木造建築のかけがえのない遺産を展示するオープンエア博物館を見て巡る絶好の機会だ。この地域は、バーニャ(サウナ)に行ったり、昔風のスタイルのサモワール(お茶用の湯沸かし器)を使った伝統的なロシアのお茶会に参加したりと、伝統的なアクティビティで盛りだくさんだ。

 

アルタイ山脈

Lori/Legion Media撮影

 山岳地帯のアルタイ地方はその華やかな姿を1年中いつでも見せつけているが、キャンバスが秋の濃厚な色彩で満たされる9月初旬は真に驚嘆すべき光景である。クリスタルのように青い湖を見渡す山での乗馬と変化する季節が繰り広げる光景は、息をのむような経験をもたらしてくれる。ミネラルをたくさん含み、治癒力があるとされているジュマリンスキエ温泉に浸かることは、秋の休暇として人気のもう一つのアクティビティだ。

 

黄金の環の都市群

ヴラジーミル・スミルノフ撮影/タス通信

 黄金の環の都市群はモスクワの近郊に位置し、秋の赤と黄金色が組み合わさって一生に一度の冒険を約束する。黄金の環を構成する歴史豊かな街はモスクワからわずか数時間のところにあり、中世ルーシのすばらしい建築を残す稀な例だ。ここで必見の場所はロストフ・ヴェリーキー(ヤロスラヴリの近く)のクレムリンとスーズダリの木造建築・農民生活博物館だ。ロシアのおとぎ話のページから直接取り出したかのような広大な田舎の大屋敷と木造の教会が構成する色彩豊かな光景がここには散在している。

 

サンクトペテルブルクとその周辺

Lori/Legion Media撮影

 ロシア人なら誰でも、秋がロシアを代表する詩人、アレクサンドル・プーシキンのお気に入りの季節だったことを知っている。また、今がサンクトペテルブルクに旅行する絶好の時期でもある。 

 この季節になると黄色、赤やオレンジの色彩に染まる、18世紀の夏の庭園といった造園芸術の傑作に驚嘆する機会を見逃してはいけない。フィンランド湾に広がる秋の夕日の眺めも、畏敬の念を起こさせるほど感動的な、見逃せない光景だ。市の中心部の北部に位置する海岸沿いにあるカントリークラブで、この光景の落ち着いた色彩とグラス1杯のマルドワインを満喫するといいだろう。

 

モスクワ
u30e2u30b9u30afu30efu306eu30dfu30e5u30fcu30b8u30a2u30e0TOP7

 モスクワの美しさは、初秋にピークに達する。通りが暑さに包まれていた日々は去り、天候は、長い散歩をしたり、トレチャコフ美術館やその他の美術館を含むこの都市の観光スポットを見学するのに最適になる。この首都の公園はアカガシやカエデの葉で輝き、人々の詩的な情操を刺激する。世界的に有名な公園で、ミハイル・ブルガコフの小説『巨匠とマルガリータ』の主な舞台でもあるパトリアルシエ池沿いを散策しよう。

 

ロシア南部へのクルーズ

 巨大なヴォルガ川を、モスクワからロシア南部に向かって下る。クルーズ中、船は、観光客が立ち止まることがほとんどない川沿いの数多くの場所に停泊する。これは、本物の古いロシア建築、寺院や大聖堂の美しさを、暖かい日光と秋の葉のざわめきの中で満喫できる格好の機会だ。ロシアの第三の都と自称するカザンの名所やアストラハン周辺の自然は、この国の莫大な富と多様な文化を永続的に印象づける。

 

黒海地方

Photoexpress撮影

 冬になる前にもっと長い夏と日光を満喫したかったら、南へ向かうといい。地元住民は、初秋の月を「ビロードの季節」と呼ぶが、この呼称はかなり正確である。7月の日光がもたらす過酷な熱は去っているが気温は暖かく、黒海の水も長時間の海水浴に最適だ。休暇リゾート都市の通りやカフェ、ビーチは観光客で混雑しておらず、雰囲気はリラックスしていて、ゆっくりと自然に触れて休むことができる。趣の異なる背景をお望みなら、ソチのクラースナヤ・ポリャーナにはこの国有数のスキー場があり、見事な眺めと面白いアクティビティを年中楽しめる。

 夏と同様に、初秋はロシアの美しさを発見するのに最適な季節だ。そこで、この世界で最も大きい国が秘める多様性を経験するという夢をまだ実現したことがないなら、この秋の好機を逃すわけにはいかない。

もっと読む:冬場のロシア旅行には何が必要?>>>

もっと読む:外国人観光客の心配トップ5>>>