ロシアの極上釣りスポット

コラ半島には82本もの川が流れ、サケやマスがたくさん泳いでいる。=Lori / Legion Media撮影

コラ半島には82本もの川が流れ、サケやマスがたくさん泳いでいる。=Lori / Legion Media撮影

アメリカのメディア王テッド・ターナーさん、ウラジーミル・プーチン大統領、イギリスの歌手のエリック・クラプトンさん、イギリスのチャールズ皇太子などがロシアで釣りを楽しんでいる。ロシアNOWが夏の釣りスポットを独自に集めてみた。

 ムルマンスク空港では、ロンドンから到着するチャーター機、ボーイング767型機を目にすることができる。そしてビジネスマンや王室の自家用飛行機も、ムルマンスク州に着陸する。目的は魚釣りだ。コルホーズ連合農業生産協同組合「共産主義飛躍(Vshody Kommunizma)」のスヴャトスラフ・カリュジン理事長は、まるでお経を読むように、ゲストの名前や称号を読みあげる。「エリック・クラプトン、ノルウェー国王ハーラル5世、スウェーデン国王カール16世グスタフ、ロシアの大臣数十名・・・」。

 ロシアのサケ釣りを最初に開拓した外国人がテッド・ターナーさんだ。1994年に女優のジェーン・フォンダさんとともにロシアを訪れ、ムルマンスク州のポノイ川で魚釣りを楽しんだ。ターナーさんに続いて、ロシア初の大統領ボリス・エリツィン氏、スウェーデンやノルウェーの国王、エリック・クラプトンさん、チャールズ皇太子、プーチン大統領などもここを訪れている。

 プーチン大統領はアメリカの「アウトドア・ライフ」誌のインタビューで、「私の個人的な評価では、ムルマンスク州、ボルガ川三角州、アストラハン地域が世界屈指の漁場だ」と話している。

 ムルマンスク州のあるコラ半島以外にも、釣り愛好家(ロシアには1500万人存在する)にとってたまらない場所はたくさんある。

 

 ❶ コラ半島の川

 格別な釣りを楽しめるとあって、コラ半島には多くの旅行客が訪れる。ここには82本もの川が流れ、サケやマスがたくさん泳いでいる。スカンジナビアの美しい自然、インフラ、そして魚釣りで、コラ半島は釣り愛好家の夢のスポットになっている。

 釣れる魚

  重量30キログラム以上のサケ・マス類。コラ半島の野生のタイセイヨウサケは、世界でもっとも数の多い群れをなしている。その他タラ、ニジマス、カワヒメマス、コクチマス、アルプスイワナなど。

 行き方

  飛行機でムルマンスク市まで行き、そこからウンバ(Umba)村行きのバスに乗る。ウンバ村から湾岸沿いに村が点々とあるため、そこの宿泊所を利用したり案内人を見つけたりすることができる。ロシア語がわからない人はツアーを予約した方がいいだろう。ちなみに海外の有名人に人気のコラ半島「VIP」ツアーの価格は、1週間で1人あたり約100万円ほどだ。

 適した時期

  5月末から6月末までの1ヶ月間と、8月末から9月末までの1ヶ月間に、サケ・マスが川を泳いでいる。

 重要な点

  コラ半島の南のテルスキー(Terskii)岸付近では、サケ釣りができる川が少ないものの、スポーツ・フィッシングに適している。コラ半島のセヴェルヌイ(Severnyi)岸では、厳しい気候条件とインフラの一切ない場所で”ワイルドな”釣りが行われている。

 

  ❷ セリゲル湖

 セリゲル湖は非常に大きくて美しい湖系で、面積は250平方キロメートルある。それぞれの湖は小川でつながっている。

セリゲル湖の面積は250平方キロメートルである。=Lori / Legion Media撮影

 釣れる魚

  スズキ(実例約7キログラム)、ウナギ、カワカマス(12キログラム)、パーチ(3キログラム)、コイ。

 行き方

  モスクワのレニングラード駅から北方行きの列車に乗って、セリゲル湖のあるオスタシコフ駅まで行く。オスタシコフ市から4キロメートル先には観光基地がある。

 適した時期

  7月中旬から湖水温が高まる。この時期は泳ぐことができ、森ではコケモモが熟し、キノコ類が育つ。

 重要な点

  セリゲル湖で釣りをするなら、クラヴォティンスキー湖(Kravotynsikii stretch)や、ベレゾスフキー湖(Berezovskii streatch)とオスタスコフスキー湖(Ostashkovskii stretch)をつなぐ小川がいいかもしれない。スズキやパーチが好きな人には、ソセンスキー湖(Sosenskii stretch)がおすすめだ。セリゲル湖の入り江やハチン島のある湖は、比較的釣りの魅力が少ない。理想的なのは船に乗って釣ることだ(1日約1000円)。

 

 ❸ ボルガ川

 ロシアでもっとも人気のある釣りスポットは、下流のニジニャヤ・ボルガだ。3~5キログラムの魚はここでは「小魚」と呼ばれるほどで、ロシアでも有数のインフラがあると言える。ここではすくい網や手でも釣りができる。
 

ボルガ川の下流のニジニャヤ・ボルガでは、3~5キログラムの魚が「小魚」と呼ばれる=Lori / Legion Media撮影

 釣れる魚

  100キログラムのナマズ、コイ、スズキ、カワカマス、ジェレフ、テンチ、ブリーム、ヴォーブラ、タラーニ、パーチ、バッファロー。

 行き方

  飛行機か川を航行する船でアストラハン市まで行く。ツアーなら漁場まで連れて行ってもらえる。良い漁場だと考えられている、ボルガ川左支流のアフトゥバ川の河床の幅は200メートル、場所によっては300メートルだ。コイ、ナマズ、スズキ、カワカマスが泳いでいる。アフトゥバ川へ行くには、ヴォルゴグラード市まで飛行機、その後バスでヴォルシスキー市に行く。

 適した時期

  3月後半から4月末。

 重要な点

  釣りに行く前に水域を十分に調べる必要がある。ニジニャヤ・ボルガは巨大な水域で、場所によって異なる魚が釣れるが、小さな支流が流入して大きくなっている川とボルガ川が合流している流域がより良い漁場だ。この地方の天候は変わりやすい。アストラハン州は風の強い場所であるため、ボルガ川が荒れて船に乗るのが危険な状態になった時のために、「逃げ道」をあらかじめ考えておくことも大切だ。

 

 ❹ バイカル湖

 バイカル湖は、世界でもっとも深い湖、また「シベリアの心臓」で、透明度が高く、多種多様な動植物相が生息している。ここにはシベリア唯一のベニザケ、レッドチャーもいる。

バイカル湖にはシベリア唯一のベニザケ、レッドチャーもいる。=Alamy撮影

 釣れる魚

  バイカルブラック・グレイリング(5キログラム)、オームリ、カワカマス、パーチ(3キログラム)。コクチマス、アイド、ブリーム、コイ、カワメンタイは網で釣ることが許可されている。

 行き方

  イルクーツク市かウラン・ウデ市まで飛行機で行き、その後路線バスまたはタクシーでバイカル湖の観光基地の何れかに行く。

 適した時期

  7月初めから8月末までの、湖水が温まり、水泳が可能となる時期。8月末には強風が水をかき混ぜる。

 重要な点

  釣りを楽しむことが目的で、時間を節約したい場合は、バイカル湖の小海または小バイカルと呼ばれる、バイカル湖の中心部から始めるといいだろう。このように呼ばれる理由は、バイカル湖(大海)とオリホン島で隔てられているためである。オリホン島の北部では、バイカルブラック・グレイリングや、水温が上がると水面まで上昇してくるオームリの釣りから始めることができる。バイカルブラック・グレイリングを釣るためのおもしろくて効率的な方法は、「スクリュー下から」とい釣りだ。地元の漁師が考えたこの方法は、前部船体を岸辺にのせ、スクリューを少し回して湖底のエサを舞い上げて魚をおびき寄せるというものだ。