ソチの週末

ソチ港 =ミハイル・モルダソフ撮影

ソチ港 =ミハイル・モルダソフ撮影

ソチはここ数年、勢い良く変化している。街中どこでもオリンピック施設の建設が行われていると言っても過言ではない。温暖な気候でソ連時代から保養地として人気の高かったこの街で、ロシアNOWと一緒にソ連のおもかげの残る穴場をチェックしよう。

土曜日

午前10

 この街に来るのが1982年でも2013年でも、ソチ国際空港に降りたってまずやらなければならないことは、大勢で待機している白タク運転手をかきわける作業だ。観光客の目を凝視したり、手をひっぱったり、耳元で「安く中心部に送るよ、タダで連れてくよ」などとささやいたりしてくるけれど、がんばって無視しよう。

 長い飛行機の旅を終えた後は、朝食を食べて体力をつけた方がいい。空港の近くを流れる美しいムズィムタ川河岸には、地元のニジマス養殖場(Forelevoe Hozyaistvo "Adler")がある。空港からは車で数分の距離だ。ニキータ・フルシチョフ書記長の時代から、ここで皇帝の魚であるニジマスが養殖されていた。朝からニジマスのホイル焼き、レモン汁をかけたニジマスの背肉の燻製、塩漬けのイクラ(マス子)を食べてみてはいかがだろうか。

午後1

 空港からソチ中心部までは、空港特急列車(Aeroekspress)で行くのが一番だ。渋滞にもひっかからないし、窓の外の景色をしっかりと見ることもできる。わずか5ユーロ(約620円)で素早く街に到着だ。

午後3

 ソ連のおもかげ探しにぴったりなホテルは、やはりソ連時代に建てられたホテルだ。現在ソチにはあまり残っていない。ホテル「プリモルスカヤ(Primorskaya)」は、街の歴史的中心部に位置し、黒海に面している。海岸沿いの遊歩道を夜散歩するのに最適な立地で、美術館にも近い。ホテルは1936年につくられた宮殿風の歴史的建築物で、ヤシの木、モクレン、キョウチクトウ、スギのある美しい庭園がひきたてている。海のパノラマが広がる部屋は1泊140ユーロ(約1万8000円)、2部屋続きの部屋は1泊100ユーロ(約1万3000円)。

午後7

 夏は夜遅くまで明るいロシアの他の地方とは異なり、ソチでは日本のように比較的早い時間に日が落ちる。「冬の劇場」(Zimnii Teater)は夜にぴったりだ。ギリシャ神殿のように円柱に囲まれた大きな建物の外観と、帝政時代のような内装は圧巻だ(竣工は1937年)。ロシアの有名な劇場がオフシーズンにここで演劇を披露する他、地元のラフマニノフ弦楽四重奏団の演奏も聴くことができる。入場料は8~17ユーロ(約990~2100円)。

 

日曜日

午前10

 カフェ・レストラン「カスカド・プレスティジ(Kaskad-Prestij)」で朝食を取ってみよう。お店はクロルトヌイ大通り31(31 Kurortnyi Prospect)に位置している。ノーベル文学賞受賞者の詩人ヨシフ・ブロツキーが、このレストランについて詩を書いている。レストランより大通り方向に少し下るとカフェ「アリョンカ(Alenka)」(レストランと同じ住所)があり、できたてのおいしいケーキを食べることができる。

正午

もっと読む:

ソチ五輪大丈夫?

 この街を訪れると、遅かれ早かれ必ず目にするのが大きな「リヴィエラ公園」(Park Riv'era)だ。子供はアトラクションで遊び、大人は作家の小路を散歩したり、たくさんあるカフェのどこかで濃いトルコ・コーヒーを飲んだりする。冬の風(地元の人はこれをボラを呼ぶ)が寒いと感じたら、温かな水族館に入ってもいいだろう。黒海のサメを見たり、肉食のピラニアに安全に餌を与えたりすることもできる。

 小さなモクレン園を見てみるのもおもしろいだろう。ここでは1980年代、宇宙飛行士や共産党幹部が植樹していた。

午後2

 地元ならではの食材を買うなら「中央市場(Tsentral'nyi Rynok)」がぴったりだ。おみやげにできるものもある。冬には地元のおいしいチュルチヘーラ(ナッツ飴)、甘い乾燥柿、香り豊かなコーカサスのスパイスなどが海岸から納品される。マアジの干物を買う場合は、袋に入れる前に新聞で包んだ方がよい。食べ物ではないが、ここではロシア式サウナ用のユーカリの葉も購入できる。フェイジョアという香り豊かなアブハジアのみかんもおいしい。ところでソチは、ロシアで唯一、自然条件でアサイーを育てられる場所だ。

午後4

 ロシア南部の保養地に来て、海を目の前に昼食を楽しまない手はない。海港よりも海側に突きでた場所に位置する、その名もレストラン「プリチャルNo.1(Prichal No.1)」(プリチャルとは埠頭の意)だ。メニューには、オリーブ・オイルとひきたてのブラック・ペッパーをかけたブッラータ・チーズとバクーの完熟トマト、イガイ、銀ダラ・フィレの蜂蜜アイシングがけグリーン・アスパラガス添えなど、さまざまなシーフードがある。平均利用額は75ユーロ(約9200円)、所在地はヴォイコフ通り1/1(1/1 Voikov Street)。

午後7

 あっという間にソチの週末は過ぎ、いよいよ帰りの時間だ。空港へ向かうルートは行きと同じ。鉄道「ソチ」駅から空港特急列車に乗って空港へ直行する。離陸の際、まだ暗くなっていなければ飛行機の窓から街を見てみよう。次に訪れる時、きっと様子は変わっているはずだ。