モスクワの春を満喫するスポット

春のモスクワは信じ難いほど素晴らしい。モノクロだった数ヶ月を経て、首都は4月の終わりから5月の始め頃に豊かな色彩に染まる。壮大なパノラマ、庭園や森林での散歩など、束の間の花盛りに花見ができるスポットをご紹介しよう。

クズミンキ公園

 モスクワっ子に春の花の話題を振ると、彼らはまず、モスクワの南東はずれにある、色彩豊かなクズミンキ公園を思い起こす。ここの18世紀の貴族の邸宅は、正門に至るまでの美しい公園、花壇の大通りや緑豊かなアーチ程は印象に残らない。色とりどりのチューリップの列は巧みに作られ、4月下旬から6月初旬まで継続的に花が咲くようになっている。公園は地下鉄のクズミンキもしくはヴォルジュスカヤ駅からアクセス可能で、博物館の周りの庭園や人口湖の岸に沿っての散歩は、年中いつでも素晴らしい。http://www.worldwalk.info/en/catalog/431/

 

エルミタージュ公園

 エルミタージュ公園は、ロマンスと歴史に溢れた、都心にある小さな公園だ。チェーホフの戯曲「かもめ」はここで初演され、春の終わり頃にはバラの花と甘い香りのオレンジの花であふれている。野外ステージやカフェ、彫像や巨大な金属製のハートもある。にぎやかなトゥルブナヤ地下鉄駅から裏道を通ってたどり着くことができる。

 広々としたツヴェトヌイ・ブリヴァール(「花通り」という名前は、昔ここに花市場があったことに由来する)を散歩しながら行くのもいい。いくつかのブロンズの彫刻があり、そのなかの彫像の一つは、噴水の中を一輪車でこぎ、傘から雨が流れ落ちている。名高いサーカスを通り過ぎ、左に曲がり、マールイ・カレートヌイ横丁沿いに西に行く。

 

薬屋庭園

プロスペクト・ミーラ(平和大通り)にある「薬屋庭園」も、都心で春の花を見るのに最適だ。入場料は150ルーブル(約460円)で、庭の広さを考えると割高に感じるが、現在修復中のために必要な資金だ。ピョートル大帝によって18世紀に設立されたこの庭園の館員は、「最も珍しく、希少価値があり、なおかつ最も美しい植物を選択しようとしている」と言う。  http://www.hortus.ru/

 

植物園

 1945年にソ連科学アカデミーは、モスクワの北に巨大な植物園を造った。ここも散歩するには素晴らしい。日本庭園などいくつかの場所を除き、樹木園のようになっており、野の花が木の下で咲いている。http://www.gbsad.ru/

}

雀が丘

 モスクワの大きな森林公園には豊かで多様な植物が生い茂っている。野生の花の絨毯は5月に特に美しい。それを見るのに最も利用しやすい場所の一つは、日陰で育つ黄色のアネモネが4月から木々の下に広がる雀が丘だ。背後にモスクワ大学の本館を控え、前面にはモスクワの壮大なパノラマが広がる。

 

銀の森

 

 首都の西部の、モスクワ川が湾曲する地点に、セレブリャヌイ・ボール(銀の森)がある。ここの森林に覆われた島は、市の自然保護区の一つだ。ポレジャエフスカヤ地下鉄駅からトロリーバスで行くこともできるが、岸沿いを歩いて行くのも風情がある。島のあまり人気のない、北と東の浜辺に沿っている橋を右に曲がると、繊細な野生のイチゴとピンクの野バラ、星のようなハコベ、紫色のカラスノエンドウと黄色のアンゼリカが見られる。

 

離宮コローメンスコエ

 真っ白の果樹を見るために町を離れる必要はない。地下鉄でモスクワ都心から20分、離宮コローメンスコエ内の果樹園はモスクワの5月の驚異の一つだ。何キロも続く、花咲く花見通りは、こもれびのなか、花びらが舞っている。当然ながら、川沿いにあるこれらの丘は非常に人気がある。最も美しい果樹園は、コローメンスコエ地下鉄駅もしくはカシールスコエ地下鉄駅から古い谷や復元された宮殿を通って徒歩20分程度の洗礼者聖ヨハネ教会近くの崖にある。

 コローメンスコエでは、雄大な景観とユニークな建築群とが見事に調和している。

 2010年に、「世界の8つ目の不思議」と言われた巨大な木造離宮が復元された。離宮は、ピョートル大帝の父、アレクセイ帝が建てたもので、超アニメチックな形状には度肝を抜かれる。 

 「主の昇天教会」はユネスコの世界遺産に登録されている。モスクワ川を望む丘に白亜の八角錐の尖塔(62m)が聳え立つ。ワシーリー3世が長男、後の雷帝の誕生を祝って建てた。http://mgomz.ru/kolomenskoe

 

クレムリンの大聖堂広場

 都心も都心、クレムリンのリンゴと桜の木は大概、最初に開花し、大聖堂広場の金のドームを美しく囲む。この花輪を通して見える白亜の、16世紀建造の「イワン大帝の鐘楼」(高さ81メートル)は、モスクワの春の風物詩として有名だ。