ロシアの5つの陰謀論

Fearful man looking sideways through venetian blind

Fearful man looking sideways through venetian blind

Getty Images
 国際的な陰謀論は、ロシアでは特別な色合いを帯び、当地の陰謀論と奇妙に混ざり合うことがある。そして、これらの“理論”が受けるのは主に、保守的で愛国的かつ宗教的な人々だ。全世界が彼らの国と信仰を破壊しようと夢見ている――。彼らはこう確信している…。

1.     偽のピョートル一世

ピョートル一世=Kunsthalle Hamburg提供ピョートル一世=Kunsthalle Hamburg提供

 改革者ピョートル一世(在位1682~1725)の事業に不満を抱いた者は多い。ピョートルは、ヨーロッパ風の衣服を導入し、髭を無理やり切らせ、ロシア正教会の総主教制を廃止した…。アンチキリストだ、外国のスパイだ!もしかして、ツァーリが外交使節団に紛れ込んで欧州を歴訪したときに、すり替えられてしまったのではなかろうか?

 こうした噂は、皇帝の死後も消えなかった。いや、今日にいたるまで消えていない。インターネットには、この手の、ツァーリは偽者だとする記事が多数見つかる。その“根拠”は第一に、いきなり数々の大改革をやったこと。第二に、妻が嫌いになり、修道院に入れたこと。第三に外遊後急に老けたように見えたこと。第四に若いころの肖像画には疣があるのに、後になると無いこと。肝心なのは、ピョートルがすり替えられた後で、フランスのバスティーユ監獄に、謎の囚人、通称「鉄仮面」が出現したことだ(ただし「鉄仮面」の収監は、1669年か1670年のことであり、ピョートルの即位前である――編集部注)。

もっと読む:ロシア帝国>>>

2.    「ユダヤ・フリーメーソンの陰謀」

ダビデの星とフリーメーソンのシンボル、宗教歴史国立博物館=ヴァディーム・ジルノフ/タス通信ダビデの星とフリーメーソンのシンボル、宗教歴史国立博物館=ヴァディーム・ジルノフ/タス通信

 18世紀にロシア貴族がフリーメーソンに熱中していたのは事実だ。その神秘的儀式を大真面目に受け入れていた者もいれば、楽しい気晴らしと心得ていた者もいた。いずれにせよ、上流階級にフリーメーソン信奉者は多かった。そして、メーソンがユダヤ教の神秘思想「カバラ」の象徴を用いていたことが、ユダヤ人とのつながりを云々する口実を与えることになったのである。そうなると、「キリスト教徒の赤ん坊の生き血を飲む」という妄信までの隔たりは遠くなかった。

 現在では、ロシアにあるロッジの会員をぜんぶ集めても2千名足らず。多くのロッジが会員不足で閉鎖されてしまった。ところが、ロシアに敵対する「ユダヤ・フリーメーソンの陰謀」を信じ込む者の数は、それよりはずっと多いのだ。

 面白いのは、そういう陰謀論者たちのプーチン大統領に対する態度だ。かつては、ジョージ・ブッシュ元米大統領とともに、世界のフリーメーソンを指導する者のなかに数え入れていたものだが、クリミア編入以後は一転。世界の悪に抗する英雄的戦士と扱われることが増えてきた。

3.    「医師団陰謀事件」

タス通信タス通信

 1948~1953年、ソ連では、「民族的伝統を無視するコスモポリタン」に対するキャンペーンが展開された。コスモポリタンとして槍玉に挙げられたのは、政権に懐疑的で、「西欧崇拝」を疑われたインテリであり、主にユダヤ人だった。高い役職についていたものは首になり、逮捕された者もいた。こうしたキャンペーンの歴史の一頁が、「医師団陰謀事件」であった。

 事の発端は、スターリンの側近であったアンドレイ・ジダーノフの死だ。彼を治療していた医師の一人が同僚たちを告発する報告書を書いた。それによると、同僚らは、ジダーノフの心筋梗塞に気づくのがあまりにも遅く、しかも不適当な治療を施したという。その結果は、「白衣の殺害者たち」に対する大規模な粛正であった。彼らは、故意に人々を害したというのだ。その多数の罪状のなかには「シオニズム」も含まれていた。

 スターリンの没後、医師たちへの迫害は止み、犠牲者たちはすべて名誉回復がなされた。ところが、一般の民衆の意識のなかでは必ずしもそうではないというのだ。近年にいたるまで、医者にかからない人が時たまいる。なぜかというと…ここで陰謀論の登場である。治療しているのは医師の殺人鬼だ。身体を解剖される。患者で危険な薬の実験をやる。自閉症、突然変異、不妊症、重金属の中毒等々を引き起こすような注射をする…。いや、それどころか、注射でマイクロチップを埋め込むのだという。え、信じられない?ロシアの交流サイト「フコンタクチェ」のグループ「子供への注射とチップ埋め込みに反対!」に署名している17500人は信じていることになるのでは…。

4.     獣の数字とアンチキリストの刻印

「獣の数字」=ウィリアム・ブレイクのアーカイブ「獣の数字」=ウィリアム・ブレイクのアーカイブ

 1999年以来、ロシアで働く者はすべて、個人納税者番号(INN)を持っていなければならない。なぜか。もちろん、サタンを称えるためである…。だって、「ヨハネの黙示録」には「獣の数字」について書いてあるではないか?「そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である」(「ヨハネの黙示録」13-17)。

 これがいったい、かの666の数字とどんな関係があるのか?INNがまだ計画段階にあったとき、どの数字にも必ず6が三つ含まれているという噂が流れていたのだ。ところがそれは事実ではなかった。すると今度は、サイトからサイトへと、こんな断定的情報が伝染した。レニングラード州プリオゼルスク市の地方裁判所がINNのバーコードに「悪魔の数字」が含まれていることを突き止めたという。

 ところが、国が運営するどのサイトも、「INNのバーコード」なるものなど知らないと言っている。実際、INNの証明書にも、バーコードは見当たらないが、この“説”によると、そんなことはどうでもいいらしい。秘密の言葉を唱えることが肝心なのだ。バーコードの左右と中央に位置する2本の線、レフトガードバー、ライトガードバー、センターバーは「6」のキャラクタであるというのはよく知られたトンデモ説、いや正真正銘の真実なのである…。

 キリスト教徒がINNとバーコードを使っても何ら罪にはならないと、ロシア正教会が何度も声明を出した結果、INNブームはやや落ち着いた。しかし依然として、「Not INN」とか「電子ラーゲリは御免だ」といったサイトは運営され、定期的に更新されている。そこで断言されていることの一つに、間もなくすべての人間に、666の印を付けたマイクロチップが埋め込まれるというのがある。え、何のためかって?そりゃ、全人類の支配のために決まっているさ。

5.     ダレスのプラン

アレン・ダレス=APアレン・ダレス=AP

 陰険なアメリカ人たちは、遺伝子組み換え食品や注射、電子ネットワーキングの普及などによりロシア人を損ない、政治家を操っている。が、なかでも重要なのは、アレン・ダレス(1953年~1961年にアメリカ中央情報局(CIA)長官)のプランにしたがい、若者を堕落させていることだ――。

 「精神性の基盤を根絶し、国民の道徳の基礎を低俗化させ、ついには破壊しせよ。我々はこうして各世代を根底から揺るがしていく。人々を堕落させるのは早くから、すなわち幼年時代、少年時代から始めねばならないが、主たる標的は常に青少年だ。彼らを腐敗させ、堕落させ、転落させよ。青少年をシニカルで俗悪なコスモポリタンに変えるのだ。これが我々の為すことである!」。と、その悪辣な「ダレスのプラン」には記されているというのだが、どうやらそれはかつて存在したことがなかったようだ。

 このプランのテキストが初めて“公開”されたのは1993年のことだが、後で判明したところでは、そのテキストはほとんど一字一句違えず、アナトリー・イワノフの愛国的な長編小説『永遠の呼び声』(1981)から引き写されたものだった。にもかかわらず、こうしたプランが実在することは、いく人かの政治家さえ信じている。例えば、2016年、サラトフ州知事は、野党指導者アレクセイ・ナワリヌイがこのプランを実行しているとして非難した。

もっと読む:超能力者を頼った指導者たち>>>