世界で一番仕事時間の少ない国は

Getty Images
ドイツ人はメキシコ人よりも休んでいる事実が明らかになった。

 ロシアに暮らしていると、祝日がひんぱんにめぐってくる気がする。新年の連休、5月の連休、6月12日のロシアの日、11月4日の民族統一の日など。

 ところが、ロシア人は「世界で最も働く国民」の第6位である。「国際労働機関(ILO)」と「経済協力開発機構(OECD)」のデータがこれを示している。

 ロシアには国の祝日とプラスαの休日が比較的多く、12回ある。だが週40時間働いているため、年間1980時間仕事をしていることになる。

 年間の労働時間からすると、一番働いている国はメキシコで、2250時間。労働時間が最も少ないのはドイツで、年間1370時間にとどまる。

 アメリカは中程度の年間1790時間であるが、有給休暇は法律で定められていない。

 これを見ればひとわかり:

画像:アリョナ・レプキナ画像:アリョナ・レプキナ

ブログで読む:日露の仕事は信頼性vs効率性>>>