ロシア極東で釣れる魚

 沿海地方とは、モスクワから9000キロ離れたロシアの南東端の地、そして極北のアラスカ、太陽がさんさんと降りそそぐカリフォルニア、自然の厳しいシベリア、暖かいクリミアのハイブリッドである。この地方の森には深い積雪と熱帯のトラ、水域には地味で脂身の多い北の魚と派手な南の魚という、極端な組み合わせが存在する。
Fish_silver
 Shutterstock/Legion-Media撮影

貴重な冷たさ

 極東の優れた漁業海域は、オホーツク海、ベーリング海、日本海。カラフトマス、シロザケ、ギンザケ、マスノスケ、サクラマスなどのタイヘイヨウサケ属が生息しているのが、この冷たい北の海域である。北の魚は優れた輸出品で、日本、韓国、中国がロシアから購入している。

 ソ連時代、極東の沿岸部は水産加工工場網で覆われ、海は文字通り、引網船、トロール船、浮遊工場でいっぱいになっていた。ウラジオストクは1980年代まで沿海の都、また捕鯨の中心地であった。

 今日の産業規模は小さくなっているが、それでも漁業はかつてと同様、地域経済の重要な分野であり、極東市民のライフスタイルである。

 

1年の魚釣り

 ウラジオストクの主要な魚の一つがニシキュウリウオ。冬、アムール湾や近郊の入り江の氷下から釣る。釣りたてのニシキュウリウオからは、新鮮なキュウリの香りがする。これは揚げたり、干したりする。その昔、ウラジオストクのどの家の窓にも、カーテンの代わりにニシキュウリウオがつるされ、干されていた。他の冬の魚と言えばコマイ。揚げるともろく、おいしい。

ニシキュウリウオ=Lori/Legion-Media撮影

 春はカレイとスケトウダラのシーズンが始まる。カレイの釣り方はシンプル。ゴムボート、釣り竿と釣り針、エサ(ミミズ、イカ、ムール貝)だけあれば十分だ。秋はニシンのシーズンが始まる。ここのニシンは大西洋の2倍ほど大きい。遊漁に許可は必要ない。

 人気の娯楽はイカの夜釣り。イカは光におびき寄せられる。ブリなどの魚の水中釣りのファンもいる。

 沿海地方の水域では、メナダ(水中から何度もジャンプするボラ科の「飛び」魚)、ラッド、アイナメ(スズキ目)が泳いでいる。南の海から沿海地方の海岸に向けて、サメや有毒なフグまでもが泳いでくる。太平洋漁業海洋学科学調査研究所(TINRO)の研究者によると、今年、太平洋海域には、イワシが戻ってきたという。この魚はソ連時代、数百万トン規模で釣られていた。今やこの漁獲のためには、船団と沿岸部の工場網の復活が必要となっている。

Alamy/Legion-Media撮影

 海水浴シーズンになると、沿海地方の住民は軟体動物(ホタテ、ムール貝、ホッキ貝)を釣る。この時期、水深2~3メートルのあたりで見つけることができる。ウラジオストクの海域にはカキも生息しているが、なぜか地元住民にはあまり高く評価されていない。住民はその代わり、ナマコやウニを喜んで食べている。

 極東の川魚も多様だ。この地域最大の川であるアムール川では、チョウザメ、スネークヘッド(必要に応じて陸上を長距離這うことのできる魚)、ハクレンが泳いでいる。コウライギギは驚きの川魚だ。ロシアでは「スクリパリ」と呼ばれ、水からあげられると、鋭いトゲを動かしながら、怒ったように大きな声でギーギーと鳴く。山脈の支脈から流れる透明の冷たい川には、とてもきれいな高級魚コクチマス、グレイリング、マスがいる。

 

地元の魚市場

 ウラジオストクの魚市場は釜山、大連、大阪にはかなわないが、それでも地元の新鮮な魚介類や魚卵を見つけることができる。フトラヤ・レチカの「ベリョスカ」市場、スポルチヴナヤの市場、河岸通りの市場がそれである。イクラはウラジオストク空港でも販売されているが、市場よりも価格が数段高い。

 沿海地方の当局は、海外で有名な日本の築地のような大きな魚市場を、ウラジオストクに2~3年以内に建設することを約束している。建物はエイのような形になる見込み。場所はウラジオストク市中心部の金角湾岸にある、カラベリナヤ河岸通りにすでに決まっている。

 

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!