ロシアのタバコ市場が縮小

国家レベルの反喫煙対策が効果を表している。タバコ市場は今年、5%以上縮小した。新たな課税で、さらなる効果がでてくるだろう。
世界保健機関(WHO)の世界喫煙国ランキングで、ロシアは第4位に位置している=タス通信撮影
世界保健機関(WHO)の世界喫煙国ランキングで、ロシアは第4位に位置している=タス通信撮影

 ロシア喫煙誰も、自分好きなブランドタバコ価格をコペイカ単位まで正確に覚えている。タバコを単独で購入しているため、価格わずかな変化をすぐに感じとることできる。規制している機関は、税を引き上げた時、これもしっかりと考慮に入れていた。余計な出費をしたくないという気持ちから、喫煙重荷に感じるようになる普通だという。

インフォグラフィック:

ロシアの新禁煙法

 世界保健機関(WHO)世界喫煙国ランキングで、ロシアは第4位に位置している。成人1人あたり2786本タバコを吸った計算だ。だ引き上げを含む対策により、1年で喫煙5%減少すると、専門家は試算している。

 ロシアで税金は毎年引き上げられている、それ著しかったここ2年。税額は2倍になった。今後も緩和されることはなく、2015年までに徴収額はさらに2倍になる。税額は難しい計算式で割り出され、2015年には28.6ドル/1000本+価格9%になる。

 もうひとつ、公共場で禁煙法ある。今年6月に施行されたばかりだ、すでにメーカーに影響を及ぼしている。今年9ヶ月間で、タバコ生産量は前年同期比5.4%減となった。専門家予測によると、タバコ市場縮小は続き、来年は9~11%減になるという。

 禁煙法対象となっているは現在、学校、病院、国家機関みだ、来年はカフェやレストランも加わる。だすでに、飲食店で喫煙減っている。

 バー・チェーン「ドロガヤ・ヤ・ペレズヴォニュ」アレクセイ・サヴィン営業部長は、レストランは時に禁煙対策を独自に行っていること、特別な法律なしに、国より効果的に実施できていることを話した。「タバコ臭いは味蕾(みらい)をふさぐで、来店者ために特別に対応する場合多い」。

 新しい税金、禁酒や禁煙、あるいはそ摂取量減少に影響を及ぼすことは、ほぼ証明されている。「追加的な徴税は、反タバコや反アルコール役に立ってきた。タバコやアルコールは生活に必要なもではないし、食べ物と違い、絶つこと可能」と、デンマーク食料農漁業省ビジネス・コンサルタントである、エスベン・トランホルム・ニールセン氏は話す。

 保健分野機関も楽観的だ。「タバコ10%値上りして、東ヨーロッパ諸国では需要3~13%下った。喫煙を始めたばかりうち、11.5%にとって、値上決定的な禁煙要因となった」と非営利パートナーシップ「ロシア子供は被教育・健康」レナト・ライシェフ氏は、外国例をあげる。対策効果最初にそれほどなくとも、時間経過とともに効果増すという。「ブラジルで反タバコ施行された時、最初はあまり効果なかった。禁煙したはわずか2%。だ今日これは8%になっている」。

 だタバコ・メーカーは異なった見方をしている。「日本たばこ産業インターナショナル・ロシアアナトリー・ヴェレシチャギン広報部長は、法律施行されて間もないため、こような効果出るは早すぎると考える。課税で必ず禁煙するわけではなく、偽装タバコや密輸タバコなど市場に移ること多いという。ここ3年でロシア市場密輸率6%まで増加したも、こためだという。

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!