古き良きAK-47で楽しむ有名人たち(写真特集)

 70年前にロシアで生まれたAK-47は、たちまち世界で最も人気のあるアサルトライフルとなった。ポップスター、政治家、スポーツ選手といった世界で最も有名な人々が、AKを手にポーズを取ってきた。

2012年にイスラエルで開かれたコンサートで、現代の反乱軍が用いるAK-47を構えるマドンナ。彼女は観客に「もし中東に平和があるなら、世界中に平和があり得る」と言った。

 AK-47は、マドンナのような影響力のある人物さえもショーに好んで組み込む革命の象徴となった。この銃がポップカルチャーや映画文化の一部となったのにはわけがある。

ジェームズボンド・シリーズの映画『ゴールデンアイ』でAKを持つピアース・ブロスナン。

 1940年代初め、アサルトライフルという新しいクラスの小火器が登場した。最初にナチス軍が手にしたこの銃は、世界の兵器産業に革命を起こすこととなった。ソ連も例外ではなく、この能率的な兵器を採用した。

2001年の革命記念日に革命の象徴としてAKを持つキューバのフィデル・カストロ議長。

 それから数年でソ連はAK-47アサルトライフルを生み出した。標準的な小銃と拳銃の中間的な口径の弾薬を用いる銃だ。新弾薬は、製造者が当時のサブマシンガンのポテンシャルを高め、この銃を到底無視できないほど強力な兵器の一つに変えることを可能にした。

2001年にミンスクの工場でAKをテストするベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領。

 新兵器AK-47によって、射撃手はバースト射撃をし、レンガの壁も貫通する強力な7.62×39 mm弾で200メートル以内の敵を倒すことができるようになった。

2006年にカラカスで開催された軍事展示会でAKを持つベネズエラのウゴ・チャベス大統領。

 とはいえ、このソビエトの新兵器が世界で最も普及した銃の一つとなるまでには、数多くの改良を経る必要があった。製造の初期段階における最大の問題は、命中精度の低さ(皆無に等しかった)だった。

2006年にロシアで開催された軍事展示会でAKをチェックする俳優のスティーヴン・セガール。

 第二次世界大戦で捕虜となったシュマイザー・コンツェルンのドイツ人技師らの助けを得て、ソ連は問題を解決し、史上最も信頼の置ける小銃のプラットフォームの一つを生み出した。砂や埃、水を物ともせず、多くの小銃や兵器が耐えられないような気象条件でも発砲することができた。

自身の新しいバスケットボール・クラブの写真撮影でAKを持つバスケットボール界のスーパースター、アンドレイ・キリレンコ。

 信頼性の高さと製造し易さがAKの世界的な成功の秘訣となった。

ロシアの軍事展示会でAKをテストするウラジーミル・プーチン大統領。

 今日、正式に製造されたAKだけでも世界中に一億丁以上ある。第三世界の国々には模造品が出回っている。いわゆる自由の闘士やパルチザンがこうした手製の模造品を手にしているのを見ることができる。

ミハイル・カラシニコフ

 その上、AKは単純にライバル商品に比べて安いという利点がある。例えば、AK-47は銃砲店で約300~500ドルで売られているが、アメリカ製のAR-15だと1000ドルは下らない。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる