NATOがロシアの最新装備を特殊部隊のために購入

Evgeniy Kel撮影
 この装備は、暗視装置や赤外線カメラを使っても、敵から見えない仕様となっており、敵の後方にいても見つかることはない。

 ロシア企業「5.45 Design」が3月半ばにドイツの軍事サロンIWA 2019で特務部隊「マヌル」のための最新の戦術装備を発表した。

 これは新型迷彩色ATACSにIR迷彩(赤外線暗視装置に反応しにくい加工)が施された素材でできた戦闘服一式で、ヨーロッパの気候圏において、山や森などに溶け込むことが可能となる。しかも生地自体にも特殊な加工が施されており、暗視装置を使っても相手から見えない。

 デザイナーによれば、この装備は、夏季に、野原、草原、針葉樹林、広葉樹林などで用いたときに特に効果を発するという。装備の内部には膜のような機能を持つハイブリッド・ソフトシェルが用いられている。通気性があり、風雨から守ってくれるだけでなく、季節の変わり目にも最適である(アマゾンのジャングルや東南アジアで降る熱帯雨は別として)。

 装備の生地には、破損を防止するため部分的に防水耐久性に優れたコーデュラが多めに使われており、森の中を這いずり回っても、パンツが破れる心配はなく、葉っぱはすべて戦闘服の中に入っていくようになっている。

ヨーロッパのどの特務部隊がロシアの装備を使用するのか

 「5.45 Design」社の公式報道官は、ロシア・ビヨンドからの取材に対し、「数カ月以内に、フランスの国家憲兵隊治安介入部隊の精鋭部隊、スペイン警察や特殊部隊、そしてハンガリーの対テロ部隊と契約を結ぶことになっています」と話す。 

 また報道官によれば、この戦闘装備は完成度においても、実用性においても、ArcteryxやUF PROなどの競争相手の製品に優っていることから、今年半ばごろには、ヨーロッパの特務機関の兵士たちがロシア製の装備を着用して、街を歩いたり、対テロ作戦に参加したりすることになるとのこと。 

 さらに報道官は「ありがたいことに、購入の方法がロシアよりヨーロッパの方がはるかに簡単で、話を通すべき政府機関の数もはるかに少ない。ヨーロッパでは自分の配下にある隊員たちにどのような兵器や装備を与えるかは部隊の司令官自身が決定し、予算の中から必要経費を支出するだけなのです」と付け加えている。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる