歩兵戦闘車BMP-3は最新化を経てどう生まれ変わるか

ロボット化された歩兵戦闘車BMP-3。57ミリ砲を備えた戦闘モジュールAU-220Mを搭載する。

Uralvagonzavod
 ソビエト製の装甲車が、世界のいかなる装甲兵員輸送車や歩兵戦闘車の装甲をも打ち破る主砲を備えたロボット・モンスターに姿を変える。

 ロシア連邦国防省の委員会が、ソビエト製の歩兵戦闘車BMP-3の最新化と「ロボット化」を検討している。57ミリ砲を備えた戦闘モジュールAU-220Mを搭載する案が最も有力だ。

どのような車両で、なぜ必要か

 BMP-3は、歩兵を前線まで輸送する装甲車で、敵の防御を破る役目も担っている。最新型車両とその戦闘モジュールは、装輪装甲兵員輸送車と、重く動きの鈍い装軌戦車の中間的な存在として位置付けることができる。

 軍産複合体の関係者からロシア・ビヨンドが得た情報によると、現在BMP-3は事実上、車輪の付いた全自動回転銃座(無人砲塔)に姿を変えつつあるという。こうして同車は前線で最も重要な兵器の一つとなる予定だ。

最新版BMP-3はどのような兵器となるか

 「現在兵器開発者らは57ミリ砲とその弾薬の試験を行っている。例えば、戦闘モジュールAU-220Mを搭載すれば、同車は一分間に最大80発という射撃速度と12キロメートルの射程を持つ兵器となる」と情報提供者はロシア・ビヨンドに語る。

 現在ロシア軍は、軽装甲歩兵戦闘車や軽装甲兵員輸送車の「口径を試験している」。従来こうした戦闘車両は、30ミリ砲か100ミリ砲を搭載していた。前者の場合は砲の威力が不十分だったり、最新の装甲板を貫通できなかったりという問題があった。後者の場合は必要以上に威力が強く、その代償として射撃速度や集中射撃、その他の性能に難があった。

  軽装甲車両用の「新口径」の砲の登場は、砲弾の破壊力を格段に高め、全く新しいタイプの弾薬の開発を可能とした。

  「例えば、BMP-3は遠隔操作で起爆する砲弾を目標に向けて10発撃ち込み、一度の指令で同時に爆発させることができる。また、目標への軌道を調整できる『修正可能な』砲弾も登場するだろう」と情報提供者は付言する。

 このほか、BMP-3の戦闘モジュールは、全自動で無人となる見込みだ。つまり、戦闘中乗員は車内の装甲でしっかりと守られたところに座し、車載コンピューターの画面を通して目標への発砲を行う。戦場の状況に応じて操作盤で弾薬の種類を選択することもできる。

 「ボーナスポイントは、この戦闘モジュールが、『クルガネツ』や『ブメラング』といった歩兵戦闘車や装甲兵員輸送車のプラットフォームに搭載できるという点だ。この兵器は戦闘ヘリコプターや戦闘機、戦艦に、従来の30ミリ砲に代えて搭載できるだろう」と情報提供者は話す。

 新型BMP-3は、静止状態でも、走行中でも、さらには航行中でも発砲できるだろう。天候や時間は全く関係ない。雨や雪、ぬかるみ、照り付ける太陽もまるで問題にならない。操作レバーとモニターで戦闘モジュールを遠隔操作できる能力を得ることで、ソビエト製のモンスターは正真正銘のロボット兵器に姿を変え、乗員が関与せずとも自分で一連の課題をこなせる装甲車になるはずだ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる