ロシアで日常生活用に購入できる軍用車両(写真特集)

Т-72

Olga Sokolova撮影/Global Look Press
 ロシアのインターネットでは、退役した軍用トラクター、全地形対応車、無限軌道式車両を購入できる。ただし、大砲や戦闘モジュールはついてこない。

1.ATS-59

ATS-59

 これは中型砲兵トラクターで、建設業に従事している人や、世界中の豪華な車を収集している人にもってこいだ。この車両は、その優れた踏破力のため、極北での作業に理想的だ。沼でも深い雪でも立ち往生することはない。 この車両の荷台の最大積載量は3トンだ。しかも、連結車を取り付ければさらに14トンの貨物を牽引できる。 ロシアのインターネットでは、1989年に製造された同型のトラクターを12000~13000ドルで見つけることができる。

2.全地形対応車DT-30「ヴィーチャシ」

 この車両は、2つの「鎖の輪」からなる。まさに鎖の輪だ。なぜなら、列車の車両や車の連結車に似た部分には動輪があり、運転席で操作できるからだ。しかも、このモンスターは戦車用の700馬力のエンジンを搭載しており、両車両で合わせて30トンほどの貨物を運べる。

  この車両にはさまざまな変種があり、土木作業用のショベルを備えたものもある。

 2006年に製造された車両の値段は、インターネットでは約35000ドルに達している。

3.PTS-M

バルチック艦隊の訓練に参加している水陸両用車輌運搬車PTS-M。

 これは、5トンの貨物を積んで水の障害を突破できる水陸両用車両である。最大の特徴は、踏破性に優れ、頑丈で、内部に車体とキャビン用の暖房装置が取り付けられている点だ。

  現在この車両は、特に洪水や激しい大水の際に救助隊が用いている。だが、密林の奥の到達し難い場所へと建設資材を運ぶ際にも安心して用いることができる。

 この20メートルのモンスターには、1990年製のもので28000ドルの値が付いている。

4.T-34、T-72戦車

Т-34

 ロシアのインターネットでは、第二次世界大戦期の戦車T-34を買うことができる。ソ連軍はこの戦車でベルリンまで至ったのだ。この兵器の値段は現在のレートで20万ドル以上だ。

 レトロに興味のない人には、その次の世代のロシア製戦車T-72か、1000馬力のガスタービンエンジンを搭載したT-80がお薦めだ。後者は起伏に富んだ土地でも最大で時速70キロメートルまで加速できる。値段はそれぞれ約35万ドルと約50万ドルだ。 これが100キロメートル当たりの消費ガソリンが7リットルの小型乗用車でないことは注意しておこう。T-72は、起伏の多い土地で100キロメートル進むと450リットルの軽油を消費する。戦車でドライブしたいなら、家のそばに自家用ガソリンスタンドを作ることも検討するべきだ。

 残念だが、仲の悪い隣人に向けて大砲を放つことはできない。戦闘用の部品はすべて車体から取り除かれており、どんな優秀な技師であろうと大砲を元通りに取り付けることはできない。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる