ロシア史上最大級の兵器

 これらの兵器は敵に恐怖心を植え付けてきた。だがこれまで実戦に使用されたことはない。

ツァーリ・プーシュカ

 ロシアの重要なシンボルの一つであり、クレムリンとロシア大統領に長年仕え続ける「守護者」――それがルーシで最も巨大な迫撃砲、ツァーリ・プーシュカ(「皇帝の大砲」)だ。

 この砲は1586年、イワン雷帝の三男の治世に大砲・鐘職人のアンドレイ・チョホフによって青銅から鋳造された。大砲の長さは5.34㍍、砲身の直径は120センチメートルで、重さは約40トンにもなる。

 我々が見慣れているのは、この砲が美しい装飾のなされた砲架に置かれ、そばに砲丸が転がっている光景だ。しかし、砲架と砲丸が製造されたのは1835年のことだ。その上、このような砲丸を放つことは、今も昔もツァーリ・プーシュカにはできない。

 現在知られている愛称がつくまでは、「ロシア散弾砲」と呼ばれていた。これは実情に近い。この大砲は榴散弾(「散弾」――石の弾丸、最大総重量800キログラム)を発射することになっていた。だが結局一度も発射されなかった。

 ただし伝承によれば、この砲は偽ドミトリー1世の遺灰を発射したと言われる。

 今日まで、大砲はロシアの首都の中心の目立つところに鎮座し、その姿で外国の使節や街の訪問者にロシアの兵器の力強さを誇示している。

全ての爆弾の父 

 2017年の初め、就任間もないドナルド・トランプ米大統領は、米国最大の爆弾GBU-43をアフガニスタンの武装勢力の頭上に投下するよう命じた。この爆弾は民衆の間で「全ての爆弾の母」と呼ばれていた。しかし、ロシア軍にもこれに負けない爆弾がある。それが「大出力ドロップ燃料気化爆弾」、通称「全ての爆弾の父」だ。

 ロシアの「おやじ」の破壊力は、核爆弾に匹敵する。だが核爆弾とは違い、爆発後に放射能の雲を残さない。いわゆる立体爆発のおかげだ。

 「この種の爆弾は、威力の小さいものであれば、ここ半世紀のさまざまな戦争で使用されてきた。米軍はベトナムでこの爆弾を使ってジャングルを焼き払い、ヘリコプターを着陸させていた。我々もアフガニスタンのトラボラの洞窟に隠れた敵を一掃するのにこれを使用した」と軍事科学アカデミーのヴァジム・コジュリン教授はロシア・ビヨンドに話す。

 ロシアの爆弾の先端部には、爆発前に内部で爆薬を分散させる装置が取り付けられている。この「分散」は照準手が定めた時間内に実行される。

 「エアゾールは起爆剤で爆発する混合物に変わる。爆弾は衝撃波を生み、爆発地点に真空の空間を作り出す。この圧力差によって爆心地にあるすべてのものが――人間であれ、軍事車両であれ、要塞であれ、敵のいかなる防御施設であれ――文字通り内側から爆発する」と専門家はこの兵器の仕組みを説明する。

S-21「ロシア勇士」

 1913年、ロシアの設計士イーゴリ・シコルスキーがS-21「ロシア勇士」を開発した。これはロシアで製造された世界最大の飛行機の第一号だ。その主な特徴は翼に一列に配された4基のエンジンだ。当時は、このような飛行機の製造は不可能と考えられていた。

 「ロシア勇士」の大きさは印象的で、この飛行機が飛んだというニュースは作り話として受け止められた。1913年8月2日には航続時間の世界記録(1時間54分)を打ち立てた。これは以後ロシア製航空機が打ち立てることになる数多くの記録の嚆矢となった。同年、このS-21をベースとして有名なS-22「イリヤー・ムーロメツ」が作られた。これは世界初の多発爆撃機となった。

 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる