なぜロシア人は空母でトラクターを使うのか

ペテルブルクトラクター工場
 ロシア人がトラクターを用いるのは農業分野だけではない。例えば、あるトラクターはジェットエンジンを搭載し、ロシア唯一の空母の清掃に使用されている。

1. フォードソン・プチロヴェツ

 このトラクターは米国のフォードソンFのコピーだ。これは「集団化」として知られる1920年代・30年代ソ連の大規模農業改革のシンボルとなり、しばしばポスターや切手、映画に現れた。

2. S-65 スターリネツ

 S-65は民間用としてだけでなく、第二次大戦中には軍事用としても力を発揮した。ソ連軍には大砲の輸送用として活用され、ドイツ軍には戦利品として持ち帰られた。

3. DT-75

 生産台数270万台のDT-75は、ソ連で最も多く製造されたトラクターだ。安価ということもあり特に人気を博した。

 4. T-16

  T-16は運転席が本体の後ろにあるという変わった形をしていた。エンジンはさほど印象的でないが、しばしば貨物トラックとして用いられた。

5. K-700キーロヴェツ

 1960年代以来、K-700キーロヴェツはロシアで最も普及しているトラクターの一つだ。深い雪や突破困難な泥はこのマシンにとっては大した問題ではない。

6. T-150K

  この非常に信頼の置けるトラクターの一台が、ロシア唯一の空母アドミラル・クズネツォフで使用されている。MiG-15のエンジンを積んだこのマシンは、甲板に強力な風を送ることができる。

7. Т-800

 これはヨーロッパで生産されている中で最大の無限軌道式トラクターだ。その名称から、かの映画キャラクターが連想されるが、実際のところ無関係だ。このマシンが開発されたのは1983年で、映画『ターミネーター』の公開はその翌年である。

8. キーロヴェツ・プレミアム

 メルセデスのエンジンを搭載したこの新型トラクターは、ロシアのトラクター産業に革新をもたらすことになるだろう。

もっと読む:
ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる