ロシア史上最高のトロリーバス10選

Sputnik
 ソビエト連邦とロシアでは多様なトロリーバスが設計・製造された。その中には世界で最も台数の多いトロリーバス、珍しい二階建てのモデル、史上初の“トロリーバス電車”などがある。

1. フレゼ・トロリーカー

 “フレゼ・トロリーカー”として知られるロシア初のトロリーバスは1902年に誕生した。ロシア初の国産車の発明者ピョートル・フレゼによって設計された。

2. LK-1

 ソビエト初のトロリーバスLK1がモスクワの公道に現れたのは1933年11月15日のことだ。LKトロリーバスは、1936年により先進的なYaTBモデルに取って替わられるまでの数年間しか運行しなかった。

3. YaTB-3

 1930年代には二階建てトロリーバスがヨーロッパの街々に現れたが、ソビエト連邦も例外ではなかった。ヤロスラヴリ自動車工場が設計したYaTB-3は1938年にモスクワの公道に現れ、1950年代半ばまで運行した。

4. MTB-82

 MTB-82はソビエト連邦の戦後初のトロリーバスの一つだ。このモデルは世界初の“トロリーバス電車”として用いられ、連結した2台のトロリーバスから成る1編成で運行した。

5. SVARZ TS

 SVARZ TS、またの名をTS-1は、ソビエト初の連結式トロリーバスで、1959年に登場した。この巨大なトロリーバスは160人乗りに設計されていたが、モスクワの通勤ラッシュにはこの2倍の人数を輸送するのに用いられた。

6. ZiU-5

 ZiU-5トロリーバスは1950年代後半にソビエトの街々に16000台以上現れた。当時ソ連で製造された中で最も台数の多いトロリーバスとなった。ZiU-5はスピード狂に人気だった。運転手の中には規定速度の時速68キロメートルを超える時速100キロメートルまで加速する人もいた。

7. ZiU-9

 42000台以上製造されたZiU-9トロリーバスは、世界で最も台数の多いトロリーバスだ。1972年に製造が始まり、ごく最近、2015年に製造終了となった。

8. KTG

 キエフ電気交通工場で設計されたこのトロリートラックは1976年に現れた。必要ならば内蔵した燃焼式エンジンも使えた。ソビエト連邦におけるこの車両の人気は1970〜80年の間にピークに達したが、今でも辛うじて使用されている。

9. TrolZA-5275 “オプティマ”

 1999年に設計されたこのトロリーバスは現在も製造が続いている。極寒から酷暑まで、極端な気候条件下でも運行できる。

10. NefAZ-5299Т

 この新しいトロリーバスの強みは、他の多くのトロリーバスに比べて電力消費量が20パーセント少ないことだ。設計者らはこの数値を40パーセントにまで引き上げる計画だ。

*ロシアが誇るべき数々のバスをご覧になるにはこちらから

もっと読む:
ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる