ロシアでの無人自動運転バス開発

 ロシア初の無人自動運転バス「マトリョーシカ」の試運転が、第3回東方経済フォーラム(9月6~7日にウラジオストクで開催)で、極東連邦大学のキャンパスで行われる。この実験は、プロジェクトを発案したロシア企業「バクリン・モータース・グループ(BMG)」と極東連邦大学が共同で実施すると、同大学広報部が伝えた。
MatrEshka
無人自動運転バス「マトリョーシカ」=  Global Look Press

 自動運転車開発は、他のロシア企業も、積極的に取り組んでおり、例えば、トラックメーカー「カマズ」や「ヤンデックス・タクシー」も、そうした計画について発表している。

 

無人自動運転バス「マトリョーシカ」とは

ドミトリー・セレブリャコフ/タス通信ドミトリー・セレブリャコフ/タス通信

 「マトリョーシカ」は、完全無人自動運転バスで、“ロシア版シリコンバレー”「スコルコヴォ」で開発された。乗客と荷物を運び、公共交通機関として使用できる。電気バスで、8~12人乗りだ。完全に充電するのに4時間かかり、これで、時速30キロメートルで130キロの距離を走れる。乗客は必要に応じ、管制センターとビデオ通話ができる。部品の80%はロシア製だ。

 BMG社の所有者で社長のアレクセイ・バクリン氏は、必要な実験を終えたバスの値段は、850万ルーブル(約1600万円)ほどになるが、大量生産では約350万ルーブル(約670万円)まで下がるはずだと述べている。

 今のところロシアでは、自動運転車の交通規則は整備されていないので、マトリョーシカの最初の実験は、スコルコヴォのクローズドエリアで行われた。BMG社が近々行う実験には、市内の路上での無人自動運転バス走行もある。

 

カマズの賢いバス

マリーナ・リスツェワ/タス通信マリーナ・リスツェワ/タス通信

 もう一つの無人自動運転バス「シャトル」を開発したのは、ロシアのトラックメーカー「カマズ」。「中央自動車・エンジン研究所」(NAMI)との共同開発だ。カマズはまた、開発資金の大部分を提供している。

 「シャトルには次のような技術が使われている。機械のディープラーニング、遠距離からの対象物の認識と検出、遠隔操縦、一般の道路での自動運転車の正確なポジショニング」。こう言うのは、カマズのイノベーション自動車の主任設計士、セルゲイ・ナザレンコ氏だ。このバスは、一般の車道ではなく、クローズドエリアを走る。搭載されたセンサーにより、死角がなくなるという。12人乗りのバスだ。

 

2018 FIFAワールドカップで走行

 無人自動運転バス「シャトル」の開発は昨年始まったばかりだが、早くも昨夏、モスクワ国際モーターショーでお目見えしている。このときカマズは、ロシアのインターネット企業「ヤンデックス」と、 自動運転車の共同開発に関する協定に調印。

 ロシアで来年開催される2018 FIFAワールドカップでは、自動運転または遠隔操作で、シャトルの試作品を走行させる、とナザレンコ氏は述べた。その後でさらに改良を重ねていくという。大量生産の開始は2020年の予定とのこと。価格は電気バスで約1000万ルーブル(約1900万円)になる見通しだ。

 カマズがシャトルの購買者として見込んでいるのは、クローズドエリアまたはそれに準ずる敷地の保有者。例えば、大きな公園とか展示場とかリゾートなどの所有者だ。カマズのスポークスマンによると、輸出する可能性もあるという。

 

ヤンデックスの自動運転車

 今年の5月30日、ヤンデックスはユーチューブで、自動運転車の試作品の画像を公開した。

 

 この車はトヨタのミニバンをベースとしており、ナビゲーション、ジオロケーション、コンピュータビジョンと機械学習の技術などが、ソフトの部分に使われている。これらの技術は、ヤンデックスの地理情報サービスで使用されているものだ(地図、ナビゲーション、交通、パノラマなど)。

 「わが社の試作品は、独自に、運転手なしで、所定のコースをある地点から別の時点まで移動することができる」。ヤンデックス広報部はロシアNOWにこう話した。つまりこの車は、障害物を特定して迂回したり、必要な場合に止まったり、走行を続けたりすることができるという。

 初めてこうした技術を試験することになるのは、「ヤンデックス・タクシー」だが、ヤンデックスは、他の企業、自動車メーカーとも協力する用意があるという。向こう1年間のあいだに同社は、一般の車道で試験を始める計画だが、その大々的な投入について語るのは、時期尚早だとしている。 

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!