ロシア軍のロボットと人工知能

「開発されたソフトウェアはすでに、最大6機からなる無人航空機群を同時に制御できる」とモチャルキン氏が話す。=

「開発されたソフトウェアはすでに、最大6機からなる無人航空機群を同時に制御できる」とモチャルキン氏が話す。=

セルゲイ・サヴォスチヤノフ/タス通信
 すでに今日、兵器見本市で、ロシア製無人機群が未知の場所を調査している動画を見ることができる。これはただの偵察機ではなく、空中や地上の標的を自立して攻撃することを目指す機械である。

 ロシア軍の無人機は今のところ、敵を攻撃することしか教えられていない。攻撃は巡航ミサイルも以前からできている。「グラニト」や「オニクス」などの最新型のインテリジェントなミサイルは、自分の知能と認識力で敵を撃破する。

 

無人機の意思決定は

 開発されたソフトウェアはすでに、最大6機からなる無人航空機群を同時に制御できる、と科学製造会社「セテツェントリチェスキエ・プラトフォルムィ(ネットワーク中心プラットフォーム)」のアレクサンドル・モチャルキン社長は話す。試験の際、偵察内容の送信が異なるアングルやアスペクトから行われ、それによって場所の3Dモデルが構築された。「群れ」は敵の航空機、ヘリコプター、巡航ミサイルを攻撃できるようになると、開発者は考える。

 このようなシステムの原則は比較的単純である。無人機に特別なソフトウェア、「群れ」の他の無人機の挙動を計算できる演算器、複数の空間での定位センサーが装備される。

 とはいえ、現段階で無人機に独立した戦いをさせることはない。制御するオペレータがいる。

現段階で無人機に独立した戦いをさせることはない。制御するオペレータがいる。=ドミトリー・ログリン/タス通信現段階で無人機に独立した戦いをさせることはない。制御するオペレータがいる。=ドミトリー・ログリン/タス通信

 いつ頃これが変わるのかについて、モチャルキン社長はこう話す。

 「ロボットの自立行動の問題は解決しているとして、変化する状況の中で独自の決定を行えるようになるかという問題はまだ。つまり、提案されているシステムはロボット化された複合機械でしかなく、オペレータなしに課された課題を解決する能力はない」とモチャルキン社長。

 

賢いミサイル

 戦略核抑止力および海軍軍備のかなり専門的な分野で、1970年代にソ連の研究者はすでに、人工知能を搭載した最初のミサイルを開発することに成功していた。

 その中には、ロシア海軍の極秘の対艦巡航ミサイル「グラニト」(NATOの識別番号SS-N-19、コードネーム「シップレック」)もある。これは人間に類似した人工知能の加えられた最初の兵器である。その速度、予測の困難さ、威力で「空母殺し」と言われている。このミサイルは、1144号計画型重原子力ミサイル巡洋艦「オルラン」および949号計画型攻撃潜水艦「アンテイ」に装備されている。

 「標的にミサイルを向けるシステムの特徴は、内部演算器に外国の戦闘艦の電子的、物理的ポートレートがあること」と、公開株式会社「軍事産業企業『科学生産合同体機械建造』」博物館の職員ウラジーミル・ポリャチェンコ氏がロシアNOWに話した。

 ポリャチェンコ氏によれば、これは上部構造のサイズと外形だけでなく、艦船固有の電磁力場やその他の力場のデータだという。

 「さらに、演算器には艦船の命令種に関する戦術データもあるため、警護艦隊、空母、空挺団など、何が前にいるのかを正しく定め、主な標的を攻撃することができる」とポリャチェンコ氏。

 巡洋艦または潜水艦には、24箇所の「グラニト」のミサイル・ピットがある。ここから一斉発射される。この時、最初にピットから発射されたミサイルは、後続の24発目が発射されるまで、発射地点近くで機動しながら、「待つ」。

 「すべてのミサイルが空中に到達すると、列をつくり、攻撃を始める。この時、標的を見ることのできるミサイルは1機のみの場合がある。その1機が標的の位置と特徴を、残りのミサイルに『語る』。攻撃の戦術を提案し、攻撃役、敵の防空システムの注意を引く犠牲役などの役割を割り当てる。その後、戦いが始まる」とポリャチェンコ氏。

 主要な標的を撃破した後すぐに、ミサイルは課題を変え、重要度に応じて標的を次から次へ撃破する。

 

グラニトの代わりは

 グラニトの代わりに、最新型P-800「オニクス」(NATOの識別番号SS-N-26、コードネーム「ストロバイル」)が導入された。これはグラニトより小さいが、人工知能システムを引き継いでいる。

 ロシア連邦国防省のユーリ・ボリソフ次官によると、アンテイおよびオルランの刷新が決定されたという。グラニトのそれぞれのミサイル・ピットには、オニクスのコンテナが3つずつ入る。

 それにより、24発から72発の新たな超音速巡航ミサイルに増える。すでに、1144号計画型装甲艦「アドミラル・ナヒモフ」1隻は再軍備のためにセヴェロドヴィンスクの船きょにあり、949号の潜水艦は極東の船きょにある。