老化を止めて150歳まで生きる

Panthermedia / Vostock-photo
 遺伝子技術と自分の骨髄を活用し、老化を止めるという研究が、ロシアで行われている。生物物理学者アレクセイ・カルナウホフ氏は10月中旬、寿命を延長する実験の一部を、自分に行った。

 ロシア科学アカデミー細胞生物物理学研究所の上級研究員、カルナウホフ氏は、現在55歳。自身が開発した骨髄細胞を活用する技術で、さらに100年生きようとしている。自らを実験台とした実験の成功に自信を持っている。

 カルナウホフ氏は今月中旬、難しい手術を受けた。約100ミリリットルの骨髄がカルナウホフ氏から採取され、試験管に注入され、冷凍された。数年後、極低温貯蔵庫に保管されている骨髄細胞を、自身に注入する。

「この年齢で手術を受けたが、体調はとても良い」とロシアNOWに話す。 

 

自分の細胞で若返り

 カルナウホフ氏によれば、老齢の人の寿命をのばすには、その人自身の、外部影響による損傷のあまりない細胞を移植する必要がある。これは、例えば、致死量の放射線を浴びた人を救うには十分だという。

 これは若返りの技術ではない。カルナウホフ氏は将来、50歳の状態になる。人工的に自分の細胞を若返らせることは、危険だという。

 「人工的に活性化された、ゲノム・エラー数の多い細胞は、悪影響を与える可能性がある。例えば、癌を誘発するなどして、人間に損傷を与えるかもしれない。身体にゲノム・エラー数の少ない若い幹細胞を導入するだけであれば、幹細胞自体が体内で居場所を見つけ、老人の健康を徐々に回復させながら、必要な数のしっかりとした細胞材料になることができる」とカルナウホフ氏。

 

マウスの寿命は34%延長

 この方法論の試験が始まったのは約10年前。2013年に最初の結果が得られた。実験用マウスの平均寿命は34%のびた。

 「結果は非常に興味深いものだった。繁殖期がのびた。人間に換算すると、メスは60歳で出産している。マウスは活発になり、外見的に若々しくなった。毛には光沢が出て、フワフワになった。この時、我々は実験用マウスに特別な条件を整えておらず、対照群のように、普通の飼育箱で、子どもをつくっていた」とカルナウホフ氏。

 カルナウホフ氏は昨年、セチェノフ第1モスクワ国立医科大学の関係者とともに、この技術がマウスの寿命におよぼす影響を研究するプロジェクトを立ち上げた。まだ実験中ではあるものの、実験用マウスの最大寿命が少なくとも30%のびていると、現時点で言うことができる。

 この技術は無害であることから、すでに、希望者に提案可能だと、カルナウホフ氏は考えている。