福島第1の汚染水浄化を目指す

写真提供:「ロスアトム」

写真提供:「ロスアトム」

事故が発生した原子力発電所の放射能汚染水を浄化する施設の基本設計を、ロシアの専門家が夏に向けて行う。実験が成功すれば、ロシアは産業施設をつくることになる。

 世界的な科学者や技術者は今日、「福島第1原子力発電所」の事故処理の過程で、非常に困難な問題や課題を解決している。このような問題の一つが、特別な貯蔵タンクにたまる膨大な量の放射能汚染水である。「福島第1の放射能汚染水を、然るべき量、完全に処理するにはいたっていない。既存の原発の技術は、セシウムとストロンチウムの放射性同位体を浄化できるが、トリチウムはできない。対策パッケージというより、事実上の放射能汚染水処理のための戦略計画が必要だと思う」と、原子力安全分野の権威ある国際的な専門家、ロシア科学アカデミー原子力安全発展問題研究所のレオニド・ボリショフ所長は話す。

 

RosRAOとは

RosRAO」は放射性廃棄物の処理に特化した企業。廃棄物の収集、輸送、処理、保管を手掛ける。また、原子力エネルギー装置のある原子力潜水艦や水上艦のリサイクルの際、核燃料や放射性廃棄物を取り扱う。あわせて50万立方メートル以上の放射性固体廃棄物、液体放射性廃棄物、電離放射線源がある国内の貯蔵施設を管理している。

 日本政府は昨年秋、連邦国営単一企業「放射性廃棄物取扱企業(RosRAO)」(ロシアの国営原子力企業「ロスアトム」傘下)と「V.G.フロピン・ラジウム研究所」を選んだ。この2組織は、福島第1の汚染水のトリチウム浄化処理技術を開発する、実証プロジェクトのパートナーとして活動することになる。ロシアの組織とともに、このプロジェクトには、アメリカの「キュリオン」社、「日立製作所」とアメリカの「ゼネラル・エレクトリック」の合弁企業「日立ニュークリア・エナジー・カナダ」が選ばれている。日本政府はそれぞれの実験参加者に960万ドル(約11億5200万円)を配分した。

 実験所とミニ水除染ステーションからなるデモ施設は、2015年の秋 にも設立される予定。

 「まず、天然同位体組成の水で施設の試験を行い、その後モデル溶液で試験を行う。それから放射能組成の水のモデル溶液でくり返す。これは福島第1にたまっている、セシウムとストロンチウムを前浄化した水。試験中に処理されるモデル溶液はせいぜい50立方メートルほど。これは福島第1の8000分の1にすぎない」と、RosRAO革新開発設計事務部のセルゲイ・フロリャ部長が説明した。

 基本設計は6月30日までに示される予定。 

 「ロシアの専門家には明確な強みがある。ソ連、ロシアにおいて、原子力産業が存在する70年間、放射性廃棄物の取り扱いの知識と技術を積み重ねてきた。加えて、ロシアではすでに何年も、国家的な放射性廃棄物管理システムが機能しており、また固体や液体などの各種廃棄物の処理と貯蔵において、豊富な経験がある。これによって、ロシアの原子力科学者は、放射性廃棄物の、文字通りあらゆる問題を解消するために、自分たちの知識と革新技術を応用することができる」と、ボリショフ所長。

 実証プロジェクトが正常に2016年3月までに完了した場合、福島第1にたまったトリチウム液体放射性廃棄物を浄化するための、本格的な産業施設の創設を、ロスアトムは見込める。

 ロシアは原子力技術分野で、国際的な提携を行っている。具体的にはヨーロッパ諸国、中南米、アジアでの原発建設や、科学的協力の話である。原子力安全発展問題研究所の専門家は例えば、アメリカとフランスの原子力センターや国立原子力機関との契約にもとづいて、すでに20年以上も活動している。

 「日本とロシアの専門家が福島第1の問題で互恵協力することによって、放射能汚染水の問題について悩まずに済み、また環境の脅威を除去できるだけでなく、両国の信頼関係を著しく強める。これは今日、とても重要」と、原子力エネルギーの独立専門家アレクサンドル・ウヴァロフ氏は考える。