2013年のサイバー総決算

サイバー空間でアノニムスの活動の中心がアジアに移り、「シリア電子軍」が活発になった2013年、サイバー傭兵という新たな主役が生まれた=ロイター通信撮影

サイバー空間でアノニムスの活動の中心がアジアに移り、「シリア電子軍」が活発になった2013年、サイバー傭兵という新たな主役が生まれた=ロイター通信撮影

アメリカの中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者、サイバー傭兵、ビットコインが、2013年の主な主役だった。今年のできごとは、来年にどのような影響を及ぼすのだろうか。

 情報セキュリティーの面で、2013年は暴露と再考の年だった。サイバー空間の新しい問題、新しい傾向、新しい人々とはいかなるものか、そして今後どうなるのか。世界有数の民間ITセキュリティー会社「カスペルスキー研究所(Kaspersky Lab)」の専門家が、今年の総括と今後の予測を行った。

 

インターネットから離脱

 スノーデン容疑者が、プリズム、エックスキースコア、テンポラ、その他の監視プログラムを含む、アメリカ政府の情報収集活動について暴露したため、個人の秘密とその影響が2013年のホットな話題となった。

エドワード・スノーデン氏=AP通信撮影

 カスペルスキー研究所のアレクサンドル・ゴステフ上級抗ウイルス専門家はこう話す。「ウイルスではなく、人間(スノーデン)が『今年の主役』になったのは初めて。情報機関がインターネットを監視していることはずっと前から知られていたが、スノーデンはこの問題を新たなレベルに引き上げ、焦点を当てた。ス ノーデンが言ったことはインターネットの利用者の活動に影響したし、影響し続けている」

 ゴステフ専門家の予測では、スノーデンの暴露によって今後、暗号化が再び流行し、2014年はユーザーのプライベートを保護するサービスが多数出てくるという。

 

新たな主役たち

 サイバー空間でアノニマスの活動の中心がアジアに移り、「シリア電子軍」が活発になった2013年、サイバー傭兵という新たな主役が生まれた。サイバー傭兵とは、素早い攻撃あるいは具体的なデータの入手のために、一時的に雇われるハッカーである。

 「国家の諜報活動も含めて、サイバー傭兵の利用は重大な傾向になっている。2014年はサイバー傭兵が正式なサイバー探偵サービスの会社を設立して、合法的に活動しようとする可能性があると、カスペルスキー研究所のセルゲイ・ゴロヴァノフ上級抗ウイルス専門家は話す。

 

暗号通貨のジェットコースター

仮想通貨ビットコイン=AP通信撮影

 カスペルスキー研究所の専門家の予測によると、サイバー犯罪者の間で2014年に人気が出そうなのが、金融取引所と仮想通貨ビットコインの利用者への攻撃。金融市場は2014年、ビットコインの影響を感じ取るだろう。中国やその他の国の投資家が、ビットコインに多額を投じる可能性がある。だが利用者が 近々、代替案を探す可能性も排除できない。

 ゴステフ専門家はこう話す。「来年はビットコインが崩壊すると予測している。ビットコインの価格が2000~3000ドルまで上がり、その後暴落するだろう」

 

モバイルのウイルスに勢い

モバイルの有害プログラムの60%が、大小さまざまなボットネットの要素だ=AP通信撮影

 2013年はモバイルの有害プログラムが発達し、特にアンドロイド端末が狙われた。モバイルの脅威は方法や技術の点で、パソコンの脅威に類似してきており、その勢いも増している。モバイルのボットネット(ボットに感染した機器のネットワーク)は拡大し、遊びではなく、金儲けの手段として活用されている。

 カスペルスキー研究所によると、モバイルの有害プログラムの60%が、大小さまざまなボットネットの要素だという。さらに2014年はモバイルのボットネットの取引が始まり、外部の有害アプリを広めるのに活用されるという。

 

インターネットの消滅?

Alamy/Legion Media撮影

 国家活動と直接的あるいは間接的に関連した諜報プログラムによる攻撃が暴露されたことから、信頼の回復が2014年の鍵になりそうだと、カスペルスキー研究所の専門家は考えている。

 この暴露により、グローバル・サービスに類似したサービスを、それぞれの国が国内で行うという構想も生まれた。エヴゲニー・カスペルスキーなどの多くの 専門家は2013年、匿名の犯罪活動を不可能にした、「安全なインターネット」の同時確立の必要性について話した。またサイバー犯罪者は、独自のダーク ネットを創設した。

 同時に、インターネットが国家別に分割される動きが現れた。これまで中国のみが孤立した空間を保っていたが、他の国も自国のリソースの大部分を管理しようとしている。ロシアを含む複数の国が、外国のサービスを利用することを禁じる法律をすでに定めたか、定めようとしている。

 「このような傾向が今後も続けば、数十の国家ネットが現れ、われわれはすぐにでも共通のインターネットを失う可能性がある。この時、ダークネットのみが唯一の超国家ネットになる」と、カスペルスキー研究所ロシア研究所のセルゲイ・ノヴィコフ所長は予測する。