「心臓の培養に成功」

コンスタンチン・アグラゼ氏=セルゲイ・ミヘエフ撮影/ロッシースカヤ・ガゼータ紙

コンスタンチン・アグラゼ氏=セルゲイ・ミヘエフ撮影/ロッシースカヤ・ガゼータ紙

ロシアの生化学者コンスタンチン・アグラゼ京大教授率いる日本の研究グループが、科学に革命を起した。人工的な方法で、本物の人間の心臓を培養したのだ。

 本物の生命を生み出す 

 一番難しかったのは、人間の細胞の成長に最適の温度を設定することで、何度も試行錯誤を繰り返した挙句、37度という適温にたどり着いた。また、移植の「メカニズムを起動する」化学物質も突き止めた。

 この「日本製心臓」の小片を顕微鏡で見ると、それが収縮している様子がわかる。人工的な方法で、本物の生命が生み出されたことになる。

 学者たちは今や、心臓の損傷部分にこの「生きた継ぎ」を当てて早期に治療することが可能になると期待する。

 

 「πの二乗」をかける 

 アグラゼ教授の研究が実を結ぶためには、細胞同様に、その「培養」のための正しい条件が必要だった。その条件を教授は、故郷のロシアではなく、日本で見つけることになった。

 もちろん、アグラゼ教授はロシアでの仕事も提供されたし、2010年には、ロシア政府による初のコンクールで巨額の助成金も獲得して、母校モスクワ物理工科大学に現代的な実験室を作った。

 だがアグラゼ教授は、やがて官僚主義の壁を思い知らされることになった。2011年に教授はこんなことを言っていた。

 「ソ連時代に学者たちは、この国の仕事の遂行期間には"π"(パイ=円周率)をかけなくては、と冗談に言っていました。でも、米国と日本で仕事してから、今10年ぶりにロシアに帰って来て、"πの二乗"をかけないとだめだと思いました」。

 

*記事全文(露語)