厳しくも悲観するな

ダン・ポトーツキー

ダン・ポトーツキー

平和条約 露日次官級交渉

 今年4月、プーチン大統領と安倍首相はスクワでの首脳会談で、在に至るで露日間で平和条約が締結されていないのは異常な状況であると認め、両国に受け入れ可能な形で最終的に問題を解決し」、和条約を結ぶことで合意した。

  819日にはスクワで務次官級渉の第1ラウンドが行われる。道によると、土問題での双方の立場は根本的に異なっている。

 ロシア側は、クリル諸島で共同の経済活動を確立する可能性について話し合うことを提案したが、日本側は同意を表明し、自らの提案を繰り返した。つまり、舞、色丹、国後、択捉の4島は日本に帰属するとの則的立場から、妥協可能なのは、4島の返還の条件と時期のみであるした。

 こうした両国の立場を比較すると、方に受け入れ可能な合意に達するのは非現実的だと結論せざるを得ない。

 

交渉に当たってのポイント

 だが、それほど失望するには当たらない。の理由は第一に、これだけ複雑で鋭い対立をはらんだ問題の交渉は期にわたる緊張したものとなることを前提にすべきだからだ。

  第交渉は専ら非公開の形で行うべきだということだ。国の世論をいたずらに刺激すること防ぐのがその理由。

 第三に、両国関係をあらゆる分野で積極的かつ大規模に発展させていくため極めて重要だ。

 第四に、一部の政治家や政治学者は、どちらの国が国境画定と平和条約締結により関心があるか、従って「譲歩せざるを得ないかといった議論を好むが、こういうもの引っ張られてはならない。

 だから、交渉の見通しについて悲観する必要はない。本の内政が安定し、年首相が交替する期が終わったことも重要だ。ーチン統領期は6年ある。一方、安倍氏は年間は首相を務められる

 何によらず交渉というものはニークで意外でさえある解決を生み出すことができるものだ。

  

日ソ共同宣言をたたき台に

 交渉の参加者に助言を与えても、あまり報われないのが常だが、次のことを提案できる。和条約締結問題の解決の選択肢として提示された事柄を直してみてはどうかいうことだ。その中には、1956年の日ソ共同宣言の第9条「領土について」検討することも含まれる。

 この共同宣言は、二国関係の要をなす主要な法的文書だ。時点では、誰も和条約問題を解決する法の形式持ってない。和条約締結交渉の参加者たちには、耐と粘り強さをもって、良い成果を上げられるように願ってやまない。

 

アレクサンドル・パノフ、元在日本ロシア連邦大使