日米銀行でガスプロムに€8億融資

 日本の「みずほ銀行」および「三井住友銀行」は、アメリカの「J.P.モルガン・チェース銀行」とともに、ロシアの国営天然ガス会社「ガスプロム」に対し、8億ユーロ(約970億円)を満期4年で融資する。ガスプロム広報部によれば、当事者はモスクワで12日、契約を結んだ。

 「契約が結ばれたことは、ガスプロムと、みずほおよび三井住友、モルガンの長年にわたる協力が成功していることを、改めて示している」と、ガスプロムのウェブサイトで伝えられている。

 ウラジーミル・プーチン大統領を12月15~16日に実務訪問賓客として迎えるため、日本側はロシア側とともに、現在大詰めの調整を進めている。