川口悠子がケガ後久々の練習再開

川口悠子とアレクサンドル・スミルノフ=

川口悠子とアレクサンドル・スミルノフ=

ウラジーミル・ペスニャ撮影/ロシア通信
 1月に足を大ケガしていたフィギュアスケート・ペアの選手、川口悠子が、氷上の活動を再開した。パートナーのアレクサンドル・スミルノフが、「Rスポルト」にこれを伝えた。

 「僕たちは氷上で滑り始めた。リフトも始めた。できることをやっている。ジャンプやスローは今のところ、除外。ロシア代表にはまだ残してもらえてる。良かった」とスミルノフ。

 スミルノフによると、具体的な大会への出場計画は今のところないという。「すべては体の状態次第。この面でとても慎重に進む必要がある」

 川口は1月20日、アキレス腱の手術を受けた。これを受けて、2人は残りのシーズンを見送った。その中には、スロバキア・ブラチスラヴァの欧州選手権、アメリカ・ボストンの世界選手権もあった。

記事全文(露語)

もっと読む:プルシェンコ、今年のロシア代表チームに推薦される>>>