高村副総裁がラブロフ外相に首相親書渡す

 元外務大臣で現自民党副総裁の高村正彦氏は訪問先のモスクワで、ウラジーミル・プーチン大統領宛ての安倍晋三首相の親書をセルゲイ・ラブロフ外相に手渡した。

 「プーチン大統領宛ての安倍首相の親書を渡したい」と、高村副総裁はラブロフ外相との会談で述べた。

 二国間および国際舞台において、日本との関係を発展させる用意がロシアにはあると、ラブロフ外相は話した。ラブロフ外相は会談で、北朝鮮の核実験についての見解を伝える見込み。

 

元記事(露語)

もっと読む:安倍首相にロシア訪問の可能性>>>