フィギュアスケートGP中国杯、ペアの川口/スミルノフ組み優勝

 中国の北京で開催中のフィギュアスケートグランプリシリーズ第3戦で、ロシアは3個のメダルを獲得した。ペアの川口悠子/アレクサンドル・スミルノフ組みは、合計216点で見事優勝した。

 ロシア・フィギュアスケート連盟がサイトで発表したところによると、スミルノフ選手は、次のように語った-

 「小さな一歩ではあるけれど、私たちは一歩一歩積み重ねています。自信が生まれてきています。今大会は、サランスク大会の時よりも、感情が盛り上がっていました」。

 女子シングルに出場したロシアのエレーナ・ラジオノワ選手は、銅メダル(184.28点)を獲得した。なお1位は、日本の浅田真央選手(197・48点)だった。

 アイスダンスでは、ロシアのエレーナ・イリニフ/ルスラン・ジガンシン組みが159点で銅メダルを獲得した。

*「Sputnik日本」より転載