南スーダンでロシア人を乗せた輸送機墜落 死者も

 南スーダンの首都ジュバで、輸送機アントノフ12型機が墜落した。最大40人が犠牲となった可能性がある。「アイ・ラジオ・ジュバ」が伝えた。

 南スーダンの首都ジュバの空港で、アントノフ12型機が、離陸時に滑走路から800メートルの地点で墜落した。機内には、ロシア人乗組員5人と乗客7人が乗っていた。

 

*「Sputnik日本」より転載