エジプトのシナイ半島でロシアの旅客機が墜落

 エジプトのシナイ半島中心部で今日、ロシアの旅客機が墜落した。同機には200人が搭乗していた。同機は今朝、シャルム・エル・シェイク空港を出発した。

 ロシアの旅客機の残骸が土曜、エジプトのシナイ半島中心部で発見された。「イオウム7」が報じた。

 エジプトの治安機関が現場を封鎖し、負傷者の救護のためシナイ北部のアリーシ市から救急車20台が駆け付けているという。

 エジプトのインターネット・ポータル「マスラヴィ」は軍関係者の情報として、エジプト航空軍がロシア機の捜索のため緊急発進した、と報じている。

 

「Sputnik日本」より転載