ソトニコワが自己ベストをマーク

 五輪個人戦女子シングル金メダリストのアデリナ・ソトニコワが、ロシア・サランスクで行われた「2015年モルドヴィア・オーナメント」に出場し、ショート・プログラムで自己最高記録を更新した。「タス通信」がこれを伝えている。

 ソトニコワはショートで、トリプル・トウループ2回、トリプル・フリップ、ダブル・アクセルの3つのエレメントのコンビネーション・ジャンプを成功させた。

 「記録を更新できて嬉しいけど、もっとうまくできるはず。昨シーズンの競技を見送って、ダンス・ショーに参加したことがプラスになったと感じる。音楽、動きの感じ方が全然違う」とソトニコワ。

 この滑りで75.57点をマークした。ソトニコワの自己ベストは2014年ソチ冬季五輪でマークしたショートの74.64点。

 今回のモルドヴィア・オーナメントは、昨年11月の練習中に足を負傷して以来の競技となった。

 ソトニコワはショートでトップだったものの、2015年ヨーロッパ選手権の銅メダリストであるロシアのアンナ・ポゴリラヤがフリー・スケーティングで見事な滑りを見せ、ソトニコワより約10点多い合計214.07点で優勝した。ソトニコワは銀メダル。

 

タス通信の元記事(露語)