ロシア極東発展相がサハリンと北海道のビザなし観光を支持

4月21日、ロシアのアレクサンドル・ガルシカ極東発展相は、オレグ・コジェミャコ・サハリン州知事代行による、同州と北海道の住民間の観光目的でのビザなし渡航に関する提案を受け、これに支持を表明した。

「対露制裁は障害にならず」 

 ガルシカ極東発展相は、「これはファンタジーなどではなく、十分有効な計画だ」と述べると共に、中国とロシアの極東の沿岸地域やアムール州が既に同様の経験を有することを指摘した。

 また、日本が対露制裁に加わっていることについて、ビザなし渡航実現の障害にはならないとの考えを示した。

 

記事全文(露語)