8月に日露首脳会談の可能性は

ペスコフ大統領報道官が「これについて話すのは時期尚早」

 安倍晋三首相が8月下旬、中央アジアの旧ソ連共和国カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンの5ヶ国を歴訪し、その際、カザフスタンの首都アスタナ市で開催される柔道世界選手権(8月24日~30日)を訪問する可能性のあるウラジーミル・プーチン大統領と、同市で首脳会談を行うのではないか、との憶測が出ていることに対し、クレムリンはこれについて話すのを時期尚早としている。

 「今のところは何とも言えない。これについて話すのは時期尚早。8月のすべての外遊は、これから決まっていく」と、ドミトリー・ペスコフ大統領報道官はコメントした。

 

元記事(露語)