メセナの高橋氏に慈善勲功章授与

高橋俊彦氏がロシアの「慈善」勲功章を受章した。在京ロシア大使館で6日、授与式が行われた。

 ロシア大使館のエヴゲニー・アファナシエフ大使は祝辞の中で、高橋氏が日本とロシアの文化関係の発展に貢献したことに感謝の意を表した。

 高橋氏はシンガポールを拠点とするファンド・アドミニストレーション・サービス会社「ピータースブルグ・キャピタル株式会社」の社長。ロシア芸術のベテラン鑑定家として、ロシアの主要な劇場であるボリショイ劇場、マリインスキー劇場、ミハイロフスキー劇場、ペルミ劇場のバレエ団に、多額の寄付を長年行ってきた。個々の公演のスポンサーとなり、才能ある若手を援助し、日本やその他のアジア諸国における巡業の企画を支援した。

 「私はロシア・バレエに夢中で、その支援を喜んでさせていただいている。ロシア・バレエは私の人生の一部」と高橋氏は述べた。

*記事全文(露語)