ロシアがアジアインフラ投資銀行に参加表明

ロシアは、中国が提唱するアジア向け国際開発金融機関である「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)に参加することを決定した。3月28日、ロシア通信がイーゴリ・シュワロフ第一副首相の話として伝えた。

 「ロシア連邦大統領による、アジアインフラ投資銀行への資本参加の決定について、お知らせしたい」。シュワロフ第一副首相は、中国の海南で開催されているアジア経済フォーラムでこう述べた。

 AIIB2014年の設立で、その目的は、環太平洋地域のインフラ投資。これに関する最初の覚書は、昨年10月に北京で調印されている。AIIB設立者のリストは、331日に発表される予定。

 

記事全文(露語)