フィギュア女子でロシア勢トップ

26日に上海で行われた「ISUフィギュアスケート世界選手権」女子シングル・ショートプログラムで、ロシアのエリザヴェータ・トゥクタムィシェワが首位に立った。

 トゥクタムィシェワはトリプルアクセルを含むすべてのエレメントをミスなくこなし、77.62点を獲得。これは自己最高点、また採点方法が新しくなってからの女子シングル世界歴代3位。

 2位につけたのはロシアのエレーナ・ラジオノワ。69.51点を獲得した。3位は日本の宮原知子で、得点は67.02点。

 3人目のロシアの選手アンナ・ポゴリラヤは、ジャンプの一つで転倒し、60.50点で9位に位置している。

 女子シングルのフリープログラムが行われるのは28日土曜日。

 

元記事(露語)

もっと読む:上海の世界選手権が間近 >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg