ヴォロネジ大が日本と提携の意向

 モスクワの南約500キロメートルに位置するヴォロネジ国立大学が、日本の大学との協力関係を確立しようとしている。同大学がこれを伝えている。

 原田親仁駐ロシア特命全権大使率いる、在ロシア日本大使館の代表団および日本の経済界関係者は23日、ヴォロネジ国立大学を訪問。大学側は来賓にロボットと革新プロジェクトを披露した。

 ヴォロネジ国立大学はロシア有数のマンモス校。18学部あり、2万人以上の学生が学んでいる。