ウクライナ内務省の内相補佐官ヤヌコーヴィチ前首相の息子が死亡したと発表

ウクライナのマスコミは、同国のヤヌコーヴィチ前大統領の息子がバイカル湖で死亡した可能性があると報じた。マイクロバスを運転してバイカル湖の氷の上を走っていたところ、氷が割れて転落、水死したという。

 ウクライナ内務省のゲラシェンコ内相補佐官は、この情報を認めた。一方で、正式なコメントは発表されていない。

 ロシア非常事態省イルクーツク州支部の情報によると、20日、運転手を含め6人が乗ったマイクロバスが、バイカル湖の氷の上を走行していたところ、氷が割れてマイクロバスが転落し、モスクワ出身のヴィクトル・ダヴィドフ氏が死亡した。ロシア通信が伝えた。

 ウクライナ内務省のゲラシェンコ内相補佐官は22日、テレビ「ドーシチ」で、バイカル湖の事故で死亡した人物は、偽造文書でロシアに滞在していたというヴォクトル・ヤヌコーヴィチ氏の息子の可能性があると語った。

 ゲラシェンコ内相補佐官は、「それは本当の事だ。ヴィクトル・ヤヌコーヴォチ氏の息子はバイカル湖で休暇をとっていた。氷の上を走った可能性もある。彼は運が悪かったのだろう。今回の事故で生き残った人たちの話によると、彼は古い氷と新しい氷の境目に入り込んだ。そしてこの悲劇が起こった」と語った。

*「Sputnik日本」(元「ロシアの声」)より転載