本日より米国産鶏肉のロシアへの輸入、禁止に

ロシア農業監督庁は5日より米国産鶏肉のロシアへの輸入を制限する決定を下した。木曜、同庁が発表した。

 それによれば、「農業監督庁は5日より米国産鶏肉およびその副産物ならびにそれを用いた製品のロシアへの輸入を一時的に制限する」。

 ロシアの消費者の保護が目的という。「米国産鶏肉からテトラサイクリン系抗生物質等の有害かつ禁じられている成分が発見されており、それが関税同盟の基準を満たしておらず、むしろそれを野蛮に蹂躙しており、また、米国の獣畜管理当局の管理が不十分であることを確証することを余儀なくされた」と同庁。

 

*「ロシアの声」より転載