ロシア人のミストラル乗船を禁止

フランス・サンナゼール港にあるロシア輸出用のミストラル級強襲揚陸艦「ウラジオストク」。フランス政府が17日、ロシア人乗員の乗船を禁じたと、フランスの地元マスメディアが伝えている。

 フランス政府の決定により、「ウラジオストク」の乗員は17日から乗船できなくなった。理由は不明。

 ロシアとフランスは2011年6月、ミストラル級強襲揚陸艦2隻の建造契約を締結。名称は「ウラジオストク」と「セヴァストーポリ」。2隻はフランスで建造され、ロシアに引き渡される予定だが、ウクライナ情勢と対ロシア制裁およびその対抗措置を背景に、フランス政府は引き渡しを決定できていない。
 フランスの地元マスメディアによると、今回のできごとは「ウラジオストク」をめぐる、”外交バレエ”のエピソードの一つだという。

 乗船が禁止されたものの、その履行を監視できるような特別な措置は講じられていない。

 

元記事(露語)