北京でプーチン・安倍会談:「平和条約について話し合いたい」

アジア太平洋経済協力会議(APEC)に出席するため北京を訪問中のロシアのウラジーミル・プーチン大統領と日本の安倍晋三首相は11月9日に当地で会談した。会談冒頭に両首脳は、平和条約締結の準備について話し合うとともに国際問題に関しても意見交換する意向を示した。タス通信が伝えた。

 プーチン大統領は、日本との「二国間の協力関係のあらゆる側面を一緒に分析する」機会がもてて嬉しいと述べた。

 一方、安倍首相は、「平和条約締結問題と国際関係について意見交換したい」と語った。

 

元記事(露後)