プーチン「対立の煽りに乗らない」

ロシアは強まる対立の煽りには乗らず、すべての問題について同権的対話を行う用意があると、ウラジーミル・プーチン大統領は述べた。

 ロシア軍には困難な国際情勢の下、しっかりと、継続的に向上するよう呼びかけた。

 「ロシアの軍事ドクトリンは防衛的である。主な実現の課題は国の主権、平和、市民の平穏を守ること」とプーチン大統領。

 

元記事(露語)