「宇国境で仲介業者にガス販売せず」

ヨーロッパの仲介会社がロシアとウクライナの国境でロシア産ガスを購入するという案を、ロシアは検討していないと、ロシアの国営ガス会社「ガスプロム」のアレクセイ・ミレル社長は述べた。

 「ウクライナ向けのガスがロシアとウクライナの国境でヨーロッパの企業によって購入されるという問題も、検討していない。ヨーロッパに供給されるガス全量は、したがって、引き渡し場所をウクライナ国外とする契約にもとづいて供給される。ウクライナの需要については、有効な契約があり、その枠組みの中で活動する」とミレル社長。

 「相互相殺と言われるものについては、事実上ガスプロムによるウクライナのナフトガスへの融資になる。ガスプロムが今後のウクライナ経由の通過ガスのサービスに対して前払いを再び行わなければいけないというのは、事実上ガスプロム側からの融資になる」

 

元記事(露語)