プーチン大統領、「ナチズム・ワクチンは欧州には効きめなし」

プーチン大統領は欧州の、特にバルト諸国、ウクライナにおけるネオナチの出現に深い憂慮の念を現し、第2次大戦の結果修正やナチズムの英雄化を許してはならないと呼びかけた。

 「残念なことに、ニュルンベルグ裁判で作られたナチス・ウィールスのワクチンは欧州の数カ国には効力を発揮していない。それを如実に物語るのが、ラトビアやバルト諸国でもはや普通のこととなったネオナチのあからさまな出現だ。このなかで特に憂慮を念を呼ぶのはウクライナの状況であり、2月に憲法に反して国家転覆が行われたが、それを動かしていたのはナショナリストほか、急進的なグループだった。」

   プーチン大統領はセルビア訪問を目前に控え、同国の「ポリチカ(政治)」紙からのインタビューに答えたなかで、こう語った。

   プーチン大統領は16日にセルビアの首都ベルグラードを訪問し、第2次世界大戦中、ナチスドイツからのセルビアの首都解放70周年を祝う式典に参列するほか、同国の大統領、首相らと政治、経済協力についての交渉を行う。

   「こんにち、私たちの共通して担う義務は、ナチズムの英雄化に対抗することだ。第2次大戦の結果を修正しようとする試みに断固として対抗しなければならない。人種主義、外国人肺正規、暴力的ナショナリズム、ショービニズムのあらゆる形、出現と闘わねばならない。」

 

*「ロシアの声」より転載