ロシア 2020年までに戦略核戦力の装備を100パーセント更新

ロシアのロゴジン副首相は、軍と艦隊の装備が2015年までに30パーセント、2020年までに70パーセント「超最新」に切り替わる必要性があることについて言及し、ロシアは、2020年までに戦略核戦力の装備を現在考えられている70パーセントではなく、100パーセント更新すると発表した。

 またロゴジン副首相は、必要な場合に「あらゆる軍事行動の場」に投入が可能な、コンパクトな部隊の創設も必要だとの考えを表した。

 

*「ロシアの声」より転載