ロシア上院、日本漁船の流し網漁全面禁止を提案

ロシア上院(連邦会議)農業食糧政策自然利用委員会のゲンナージ・ゴルブノフ委員長は4日、ロシア連邦の排他的経済水域で操業する日本の漁船に対し、流し網漁を禁ずる提案を行った。

 ゴルブノフ委員長のこの提案はウラジオストクで開催の第9回国際漁民会議の席でなされた。

   「日本は一方的に対露制裁を発動した。これに対する報復措置として我々もロシア連邦の排他的経済水域における日本の流し網漁の全面的禁止を検討してもいいと思う。連邦会議(上院)は会議の結果、しかるべき要請をロシア漁業局へ送る。」

   流し網漁は水面付近にいる魚を採るために使われる手法。

 

*「ロシアの声」より転載