露米日欧が月裏側に宇宙ステーション建設へ

ロスコスモス(ロシア連邦宇宙局)が、NASAおよび日本とヨーロッパの宇宙局から、月軌道上の国際宇宙ステーション建設に関する提案に対し、暫定的な承認を得た。宇宙開発筋がインターファクス通信に伝えた。

 ロスコスモスの米日欧のパートナーらは、月の裏側の軌道上に宇宙ステーションを建設する提案を支持。このステーションは、国際宇宙ステーション(ISS)用のロシア研究モジュールを基礎に、ISSの運用終了後に建設することが計画されているが、月軌道上の条件に適合させるため、多少の現代化が要求されるという。運用期間は30年間の予定で、米国と欧州のロケットとのドッキングようのハッチ(与圧結合アダプタ)を備える。

 また、同宇宙開発筋は、ISSの運用終了後、ロシア研究モジュールとともに、一連の現行のモジュール、および今後打ち上げが予定されているものが、月軌道上ステーションの核の部分になると説明した。

 

以下の記事を参照。